判断力は、求める『美』を手にする力!

リンゴアミノ酸の高い安全性は、トラブル肌の洗顔やシャンプーにも最適!

角谷 滉一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら

リンゴアミノ酸という成分を聞き慣れない方も多いのではないでしょうか?

一般的にはあまり認知されていない成分だと思うので、知らなくて当たり前のことだと思います。


しかし、リンゴアミノ酸には洗浄成分としての大変優れた性能がありますので、今回はそれを解説していこうと思います。

りんごアミノ酸は何から作られている?

リンゴアミノ酸はその名前の通り、リンゴからも抽出することができる天然の界面活性剤ですが、現在ではサトウダイコン(Sugar beet)を原料として作られるリンゴアミノ酸が、より良質なものとして活用されています。

リンゴアミノ酸は、どんな肌に向いている?

リンゴアミノ酸を洗浄料として使用した場合、洗い上がりはとてもしっとり感が高いので、乾燥がひどい肌や、肌が敏感な人にも適しています。

しかも、肌への刺激がない弱酸性でありながら殺菌効果も併せ持つので、敏感肌や乾燥肌だけでなくニキビに悩む方など、多くの肌トラブルに対応することができます。

「肌が脂っぽいから脱脂力の強いもので洗う」という間違った判断基準

そもそも肌が本来持っている性質として、水分や皮脂などが足りていない時に、水分を出すことができない場合は皮脂で補おうとして過剰に皮脂を出してしまうということが起こります。

そのため、よくあるのが脂性肌で脂っぽいから脱脂力の強い洗顔料で洗顔⇒肌が乾燥する⇒さらに肌は皮脂を分泌するという負のスパイラルです。

つまり、肌から必要な潤いを奪わなければ必要以上に皮脂が分泌されることもなく、皮脂の分泌量が安定するため、ニキビなどの皮脂の過剰分泌がもたらす肌のトラブルが改善することにもつながるということです。

リンゴアミノ酸は肌にも環境にも安心の成分

リンゴアミノ酸の洗浄料としての性能は、肌がもともと持っている潤いを奪うことなく酸化した皮脂や余分な汚れなど、要らないものだけを取り去るという優れた性能です。

更にリンゴアミノ酸は100%生分解される界面活性剤のため、肌への負担も、環境への負担の心配もないので、洗浄料としてとても有用な成分だと言えるでしょう。

まとめ

  • リンゴアミノ酸は、主にサトウダイコンから作られる界面活性剤
  • リンゴアミノ酸は洗い上がりのしっとり感と低刺激、殺菌効果を併せ持つ
  • 乾燥肌や敏感肌だけでなく、皮脂の過剰分泌がもたらす肌トラブルにも適している
  • リンゴアミノ酸は肌に必要ないものだけを取り去り、100%生分解される肌にも、環境にも安全な洗浄成分

ブログランキング参戦中!目指せ一位!現在は何位でしょうか?
↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 

LINEでは「美容のお悩み相談」を承っていますので、ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。LINE読者限定の「厳選お得情報」もこっそり配信しています。
ご登録は今すぐこちらから
↓↓↓↓
”LINEで友達になる"

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら
インスタグラム、毎日更新中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2019 All Rights Reserved.