リテラシーは、求める『美』を手にする力!

ご来訪ありがとうございます。おかげさまで月間PV50,000⇑大反響!異色の「美テラシーレビュー」実施中!

本物!育毛の「実証・証拠」エビデンス!「嘘だらけの薄毛改善法」を完全駆逐宣言!

角谷 滉一
WRITER
 

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら
本当に効果がある育毛剤を探しているお悩み相談
育毛の「実証データ」を見せてください。「育毛 エビデンス」で検索しても、出てくるのは科学的根拠がどうたらだの、論点を逸らした解説ばかりで、私が一番知りたいことが出て来ません。私が知りたいのは、「科学的根拠という意味のエビデンス」ではなく、紹介されている育毛剤を使って実際に薄毛が改善したという「証拠」という意味でのエビデンスです。私は昨年ネットで紹介されている高価な育毛剤を6種類も試しましたが、全く効果がなかったどころか、頭皮がかぶれてしまった育毛剤もありました。有効成分の数だけはやたらと多いのに、肝心の効果のほうはさっぱりです。もう育毛剤ジプシーは疲れました…AGAは昔試したことがありますが、身体に合わなかったようで、体調が悪くなってしまって続けられませんでした。なので、AGA以外の方法で実証の取れた育毛の結果を教えてください。

つまり、あなたが探していたのはこの画像のようなエビデンスでしょうか。ちなみにこの結果を得るまでに費やした期間は7年です。

育毛の実証エビデンスはとにかく時間がかかるため、他にも効果の出た方は何人もいますが、継続して画像データをとれたのはこれだけです。そもそも、当初は軽いノリで経過観察のために記録をとった結果にすぎません。

とはいえ、良くなってはまたダメになりを繰り返し、いろいろな育毛方法を試している過程で編み出された結果なので、嘘は一切ありません。

売れている育毛剤=効果がある育毛剤ではないので、まずは現在の薄毛改善の「嘘と真実」を知ってください。

育毛の明確なエビデンス

育毛関連のサイトをどんなに検索しても、育毛剤の紹介や、もっともらしい理屈は述べているけれど、肝心のところは濁した表現ばかりで、育毛の明確なエビデンス(実証画像)はほとんど出てきません。

そんなに効果があると宣伝するならば、髪の毛が生えてきた証拠を出せばいいと思いませんか?

やらない理由は簡単で、できないからでしょう。つまり育毛に効果があるかどうかもわからない製品を、育毛関連サイトでは紹介しまくっているということです。

薄毛に確実に効果があるとされる方法の、世界基準とその限界

医療の発達しているドイツで明言されている、現在「薄毛に確実に効果がある」と認められている方法は4つあります。

  • ミノキシジルやそれに関連する成分を活用した育毛
  • プロペシアを活用した育毛
  • 低出力のレーザーを活用した育毛
  • 頭皮に血小板を注射する育毛

「ミノキシジル」や「プロペシア」は、薄毛で悩んでいる方ならばとっくにご存じのものだと思います。

「低出力のレーザーを活用した育毛」と「頭皮に血小板を注射する育毛」については、ご存じない方も多いのではないでしょうか。

それを試してみる価値はあると言いたいところですが、一つ大きな問題があります。それは「継続性」です。

どんなに育毛に効果がある方法でも、継続できなければ意味がありません。つまり、これらの育毛法を行うには大金がかかり続けるということです。

「AGAが薄毛改善の正解」はとんでもない大間違い

巷にあふれるAGAの広告をたくさん見ていると、薄毛改善の「最後の砦」がAGAだと思う方も多いのではないでしょうか。

でも、そもそも広告塔になっている芸能人はもともとフサフサですし、実際には多くの問題を抱えています。AGAが表向きには公にしない問題点は4つあります。

①毎月2〜3万円の高額な出費が必要

AGAは自由診療のため、継続して通う場合には毎月2〜3万円の費用がかかります。年間で30万円前後、10年で約300万円かかることになります。

②やめたら元通り

あくまで薬の副作用で育毛されるだけなので、中断してしまったら元の薄毛に戻ってしまいます。

つまり、大金がかかり続けるにも関わらず、薄毛の原因の「根本解決」ではないということです。ちょっと割に合わないのではないでしょうか。

③健康上のリスクがある

健康な身体に副作用のある薬剤を使うことになるので、内臓にも負担をかけるリスクがあります。

既に持病のある人は色々と注意をすることも増えてしまうので、ずっと続けていけるのかという懸念が拭えません。

④髪の毛を失うか、異性との幸せな未来を失うかの究極の2択を迫られる

プロペシアの錠剤は、妊娠予定のある女性や妊婦さんは絶対に「触れてもいけない」ということをご存知でしょうか。

もちろん、産まれてくる子供に異常が起こる危険があるのでそう決められていることです。

薄毛に悩む男性の潜在的な願望として、異性にモテたいという願望があることは間違いありません。もちろん全員ではなく、自己満足が目的の方も多くいることでしょう。

しかし、薄毛改善のためにAGAを続けると、異性との幸せな将来に、また新たな暗い影を落としてしまうことになりかねません。

プロペシアを使うことで男性機能が低下してしまう方も多くいますが、それに対してAGAではバイアグラを勧めるそうです。

これはさすがに、人道的にどうなのかと言わざるを得ません。新たな解決しない問題を生む問題解決法だということです。

しかも、バイアグラもミノキシジルも、元々は心臓に作用させる成分です。不必要に心臓をいじくりまわすのが健康に良いことだとは、私は全く思えません。

ロングセラーだから「効果のある育毛剤ではない」理由

ネット上では「リアップ」「ブブカ」「チャップアップ」といった育毛剤がロングセラーだと言われています。ロングセラーだから効果があるのだと推論する意見もありますが、実際には違います。

なぜなら、こういったランキングサイトは「本当に効果のある育毛剤」をランキングの上位に持ってくるわけではないからです。

広告主からの「報酬単価の高いもの」や、効果があるかどうかわからないけれども「既に売れているもの」、つまり「稼げる育毛剤」という基準でランキングの上位に持ってくるのが裏の常識です。

育毛とはコンプレックス関連で、「悩みを人に知られずに自分で何とかしたい」と考える人が非常に多いので、インターネットが販売先として、とても有効です。

育毛やダイエット、脱毛関連など、コンプレックス案件は巨額のお金が動くので、利権がうごめく政治的な世界です。

ひょんなきっかけから、私はそういったことを詳しく知る立場になってしまったので、まだ知らないあなたにこうして本当のことをお伝えしています。

こんな告発めいた内容の記事を書くと、育毛業界からいつどんな嫌がらせを受けるかは分かりませんが、私は別にそれでも構わないと思っています。

稼ぎの為に割り切って、効きもしない育毛剤をもっともらしく説明してすすめるとか、単にいけ好かないと思うだけです。

あなたの薄毛の対処法は育毛剤で正解なのか

そもそも「薄毛に悩んだら育毛剤」というのは、果たしてその対処法で正解なのでしょうか?

薄毛になる原因が人によって様々なのは、あなたもご存知の通りだと思います。

だとすれば、あなたの原因に合った薄毛の対処法をしなければ、あなたが得たい効果は得られないことになります。

育毛サロンの「皮脂を根こそぎ取る」施術は薄毛に逆効果

よく育毛サロンでは「毛穴の皮脂を根こそぎ取る」といった内容の宣伝がされています。

しかし本来、毛包(髪の毛を包んでいる毛穴内部)にある皮脂は、毛根を乾燥から守るために、ある程度は必要なものです。

育毛サロンでは「マイクロスコープ」で毛穴に皮脂が詰まっている様子を見せるのが定番ですが、実際には毛穴に皮脂がたくさん詰まっていても、髪の毛がふさふさの人はいくらでもいます。

つまりあなたが薄毛になっている原因=皮脂が詰まっているからとは断定できないことになります。

もちろん過剰な皮脂分泌で毛穴が詰まりっぱなしになっているのは解消したほうがいいのですが、別に育毛サロンに通わなくとも、自分でできる方法はいくらでもあります。

むしろ私の経験上、毛穴の皮脂を根こそぎ取り除いてしまうと、逆に抜け毛が進んでしまったことを確認しています。

過去に育毛サロンに行った体験談と、育毛ワンストップサービスに感じる矛盾

かくいう私も美容師ではありますが、薄毛への不安から21歳当時に近所の育毛サロンに足を運んで、育毛サロンの「初回の体験施術」を受けたことがあります。

最初にマイクロスコープで皮脂汚れの状態を見せられたあと、暫し謎の待ち時間。…大変不安が募る待ち時間です。

その後、不安な私が結果を訊ねると、「かなり悪い結果が…」と、担当の女性が深刻そうに、かつ半笑いで私に言いました。

その後オイルのようなものを頭皮に塗られて温めてシャンプー、という施術の流れでしたが、途中の雑談で担当の女性から「美容師さんだからいつもシャンプーとかされてるんですか~?」と聞かれました。

当時の自分はシャンプーがメイン業務で、全身全霊でシャンプーの腕を磨いていたので、「はい。その点に関してはプロなので厳しくいきますよ(^^)」と答えたところ、その女性が奥の部屋に行ったきり、40分以上戻ってきませんでした。

つまり怖気づいてしまったんでしょう。その後店長と名乗る女性が現れて、代わりに私の頭をシャンプーしてくれました。

「たまには人にシャンプーしてもらうのも気持ちいですよねー!」と言われながらシャンプーされたのですが、はっきり言って全然気持ちよくなくて、当時の私からするとあり得ないほど下手なシャンプーでした。

それでも何となくの流れで5万円程するコースを契約してしまったのですが、帰宅してから我に返り、ネットでクーリングオフの方法を検索して、内容証明を送り付けて即刻解約しました。

わざわざ店長の女性から引き留めの電話までかかってきましたが、「あの下手なシャンプーにお金払う気になれないんで、ごめんなさい」と伝えたところ、すんなりと引き下がってくれました。

「女性に施術させる」ことと「育毛⇒増毛⇒カツラ」のワンストップサービス

よくこういった育毛サロンではカウンセラーは男性・女性両方いますが、実際の育毛コースの施術を行うのは決まって「女性」です。

「異性にモテたいから、そのほうが嬉しいだろ?」と言わんばかりのあてがい方なのですが、そんなイメージプレイがしたいのではなくて、あなたは薄毛改善の効果が得たいのではないでしょうか。

私は有名育毛サロンが「増毛サービス」や「カツラのサービス」を提供していることにも疑問を持たざるを得ません。

  1. まだ薄毛の可能性も不明だけれども、将来の薄毛を心配しているお客さんには、毛穴洗浄を含む終わりのない「育毛コース」と「高額なホームケア製品」を購入させる。
  2. 薄毛の兆候がはっきりと現れているお客さんには、増毛しながらの育毛コースをすすめる。
  3. それでも手遅れになった人にはカツラを購入させ、カツラ専用のカットを行うサロンを併設する。

という華麗なワンストップサービスが何十年も前から成り立っています。薄毛の不安がある男性の「無知の不安」を煽るのであれば、えげつない商売だと思います。

今更なのでぶっちゃけますが、毛穴洗浄のために「強烈な水圧」など、強い刺激を頭皮に与える施術もありますが、頭皮に対して過剰な刺激を与えるのは、皮膚が攻撃だとみなすため、薄毛には悪い影響を与えることがあります。

強い刺激に対しての防御反応として、皮膚(頭皮含む)は「男性ホルモンの分泌」を助長してしまうため、薄毛に対して逆効果になりかねません。

これにも根拠がないわけではなく、「スキンケアの常識」として知られていることで、人間の皮膚とはそのような仕組みになっているものです。

例えば顔の肌をゴシゴシこすったり、叩いたりする事で男性ホルモンの分泌量が増える→毛穴が開いて皮脂が過剰に分泌される、キメが乱れて肌が男性化する、といったことが起こります。

洗顔シートなどで顔をよく拭く習慣のある男性は肌が乾燥しているのに毛穴が大きく開いている場合が多いですが、皮脂の取りすぎと洗顔シートによる肌への摩擦が原因です。

本当にあなたの髪の育毛に効果がある育毛剤はどれなのか

私がこの7年間の間に試行錯誤を繰り返し、お客さんや友人の協力を得ることで、効果を確認することができた育毛剤をあなたに個別にお伝えすることは可能なことです。

薄毛になる原因は本当に人それぞれなので、あなたの髪や頭皮のこと、普段のヘアケアの習慣等を私が把握しない限りは、適切な育毛剤をご紹介することができません。

むしろ、あなたの髪のことを知りもしない人間が、なぜ育毛剤の紹介などをすることが出来るのか、私にはその理由の方が分かりません。

たしかにそうだ、と納得できるあなたは美容のリテラシーが高いと思います。もしも何かご質問がありましたら下記のLINEから直接お答えいたします。

この記事が役に立った!という方は、LINEにご登録いただくと最新の更新情報をお送りします。
ご登録・ご質問は今すぐこちらから
↓↓↓↓

ブログランキング参戦中!目指せ一位!現在は何位でしょうか?
↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 

LINEでは「美容のお悩み相談」を承っていますので、ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。LINE読者限定の「厳選お得情報」もこっそり配信しています。
ご登録は今すぐこちらから
↓↓↓↓
”LINEで友達になる"

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2019 All Rights Reserved.