リテラシーは、求める『美』を手にする力

オーダーメイドのシャンプーが今だけ2,980+tax

【根拠あり】最強の育毛剤は2つ存在する。「一番効く」と断言できる、たった一つの明確な基準。画像付きで効果を証明。

角谷 滉一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
株)美テラシー代表取締役の角谷滉一と申します。都内で一人美容室「Re+」を10年経営している39歳の現役美容師です。趣味は「旅行」だと言いたいところですが、サロンワークとブログ執筆に労力を捧げ、自由時間や優雅さとは無縁の毎日を送ってます…。甘いものが大好きで、太りやすいです。 保有資格:管理美容師、色彩検定2級、健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)。
詳しいプロフィールはこちら
育毛剤ジプシーのお悩み相談
私はこれまで2年間、ネット上のランキングサイトで人気の育毛剤7種類を渡り歩きました。

でも増えたのは、出費と使いかけの育毛剤たちだけ。 肝心要の髪の毛は、どんどん元気がなくなってきています。

でも医薬品の育毛剤「リアップ」はお高いので、私には続けていけない金額です。 それに副作用も心配なので、できれば医薬品ではない育毛剤を使いたいと考えています。

できれば薄毛の悩みをこっそり良くしたいので、ネットで購入できる育毛剤がいいです。 本当はどれが一番効く育毛剤なんでしょうか?

もしも最強の育毛剤を知っているなら教えてください。もうこれ以上無駄遣いしたくないので、できればちゃんとした理由付きでお願いします。

本当に効く育毛剤の、確かな判断基準となる要素が一つだけあります。それは、育毛剤に配合された有効成分の「濃度」です。(※「数」ではありません)

そして「医薬品」以外の育毛剤とは、「医薬部外品」の育毛剤、もしくは「頭髪用化粧品」の育毛ローションを意味します。

誤解を招かないように説明しておくと、頭髪用化粧品の育毛ローションが、医薬部外品の育毛効果に劣るわけではありません。

今回は育毛剤選びの前提知識として絶対に必要な、医薬部外品育毛剤と育毛ローションの違い。そして有効成分の濃度が確実に最強の保証付き育毛剤を2つご紹介します。

私が「バイタルウェーブ」を1年間継続使用したビフォーアフターも掲載していますので、恥ずかしいですが参考になれば幸いです。

⇒育毛ローション部門最強の「バイタルウェーブ」はこちら

⇒育毛剤部門最強の「ハツモールビューティーHi」はこちら

医薬部外品の育毛剤と育毛ローションは、何が違う?

育毛ローションは化粧品に分類されるため、薬機法上は全成分を配合量の多い順で表示する義務があります。それに対して医薬部外品の育毛剤には、表示順の義務がないのです。

そのため「化粧品」に分類される育毛ローションは、配合成分の大まかな配合わりあいがある程度まで予測できます。

実は医薬部外品(=薬用)の育毛剤は、成分表示が「配合順ではない」

実のところ、成分の表示順に決まりがない「医薬部外品(=薬用)」の育毛剤は、どの成分がどれだけの分量で配合されているのか、一切見分けられません。

つまり、意外にも化粧品である育毛ローションのほうが、成分情報の透明度は高いのです。

そして医薬部外品・頭髪用化粧品いずれにおいても、育毛力の高さを決定する要素は1つだけ。それは、有効成分の配合量になります。

(以後、医薬部外品の育毛剤を「育毛剤」、化粧品分類の育毛剤を「育毛ローション」と呼んで区別します)

次の項目からはいよいよ、育毛ローション部門と育毛剤部門で、根拠に基づいた最強の育毛剤を1つずつご紹介していきます。

育毛ローション部門・最強の育毛剤「バイタルウェーブ」

 発毛剤として有名な「リアップ」の有効成分「ミノキシジル」よりも、3倍育毛効果があると実証されている注目成分「キャピキシル」が7%配合された育毛ローションです。

(開発元である「LUCAS MEYER COSMETICS社」における実験結果データより引用)

なおキャピキシルとは、以下に記載した2つの成分を組み合わせて作られる育毛成分です。

  1. アカツメクサ花エキス(悪玉男性ホルモンDHTを作る「5αリダクターゼ酵素」の働きを抑制し、髪が抜け落ちなくする)
  2. アセチルテトラペプチド-3(正常な髪の成長を促す)

さらに、EGFなどのヒト細胞成長因子も「2%以上」と明記されており、育毛ローション「バイタルウェーブ」は情報の透明度がずば抜けて高くなっています。

「医薬部外品の育毛剤のほうが、効果がある」は大きな間違い

これらの「化粧品」に分類される育毛ローションは、比較的「効きそう」というイメージが強い、医薬部外品(薬用)の育毛剤と同じ土俵でバトルしています。

化粧品の育毛ローションは、イメージ面で有利な医薬部外品育毛剤との差別化を図る目的で、一部の強力な育毛ローションに限って有効成分の配合濃度を明記しているのです。

そして非常に強力と実証されている育毛成分「キャピキシルを7%配合」と明記している育毛ローションは、バイタルウェーブの他にありません。よって現状では「バイタルウェーブ」が、最強の育毛ローションです。

バイタルウェーブを私が1年間継続使用した結果

分かりやすいように、並べてみました。(色合いの違いは、撮影時の照明の違いです)一気に薄毛が改善しているわけではないのが分かると思います。

美容師という職業柄、絶対ハゲるわけにはいかないので、20代の頃から色々と育毛剤を使い続けてはいました。

(お客さんに陰で「ハゲ美容師」って噂されてたら、すごく惨めですからね)

努力はしたものの、もう私もアラフォーです。だんだんと生え際のそりこみが深くなってきてしまいました。

デメリットの多いAGA以外で薄毛改善できる育毛剤を探して、最高濃度の化粧品育毛ローション「バイタルウェーブ」を使い続けた結果の産物です。

一番気にしていた剃りこみ部分のハゲだけでなく、ヘアライン(生え際の密度)が濃くなったので、前髪を上げるヘアスタイルにも抵抗感がなくなりました。

育毛剤「バイタルウェーブ」使用6か月後

バイタルウェーブを使い始めて、6か月後に撮影した画像です。(写真苦手なので、表情が険しくてすみません)

正直、効いているか効いてないのか、あまり薄毛改善の実感がない時期だったのですが、画像撮影すると短い髪の毛が生えてきている(濃くなっている)のが確認できました。

育毛剤「バイタルウェーブ」使用9か月後

見た目の差はわずかかもしれませんが、この時期になると、以前よりも髪にハリコシが出て、薄毛改善の体感を得られるようになりました。

育毛剤「バイタルウェーブ」使用12か月後

剃りこみがもともと深い生え際の形をしているので、この先どれくらい薄毛改善するのかは分かりません。ですが、「ハゲ美容師」になる危機からは脱出できたと思っています。

これからも医薬品育毛剤は使わずに、バイタルウェーブでの育毛を続けてみるつもりです。育毛は諦めない限り一生続けていくものなので、気長に頑張ってみようと思います。

育毛剤「バイタルウェーブ」の使用感は?

バイタルウェーブには粉末成分が配合されているので、軽く振ってから使用します。

匂いはほぼ無臭で、使用感もサラッとしています。べたつくと頭皮が透けて見えやすくなりますが、バイタルウェーブの場合は心配不要です。

最後に、バイタルウェーブ継続使用12か月後のビフォーアフターをお見せします。

バイタルウェーブは男女兼用育毛剤なので、女性でも使えます。私の薄毛改善の経過をご覧いただけば一目瞭然だと思いますが、育毛効果が目に見えるまでには時間が必要です。

「3か月で髪が生えた」といった話は大体嘘なので、30代以上の育毛は気長に。半年と言わず、1年で結果を見るつもりで気長に取り組みましょう。

※バイタルウェーブのさらに詳しいことが知りたい方・試してみたい方は、バイタルウェーブの公式サイトをご覧になって下さい。

最強育毛ローション「バイタルウェーブ」のお値段は?

価格(税込み) 定期縛り 全額返金保証 送料
定価 12,100円 なし 無料
定期コース1~2回目 8,352円 なし(停止可) あり 無料
定期コース3回目~ 8,230円 なし(停止可) 無料
定期コース7回目~ 8,128円 なし(停止可) 無料
3本まとめ買い 1本8,556円 あり(1本目) 無料

税込みの明朗会計、送料はいずれも無料で初回全額返金保証制度付きです。ちなみに医薬品育毛剤のリアップ5X(ミノキシジル5%)は1本6,000円~7,000円という価格帯で販売されています。

バイタルウェーブ公式サイトで詳細を確認する

どちらも内容量は60ml。これだけを見ると「医薬品よりも高いバイタルウェーブを買う価値はない」と思われがちです。しかしバイタルウェーブは安全性最重視で作られる「化粧品」のため、副作用の懸念がありません。

医薬品の育毛剤に存在する、5つの特徴的な副作用

「リアップ」など、ミノキシジル配合の医薬品育毛剤には、主に5つの有名な副作用が存在します。

  1. 頭皮が赤くなって、かゆくなる
  2. ヘアサイクルを強制的に早くするため、使い初めに髪の毛がゴソっと抜け落ちる(初期脱毛)
  3. 頭皮へ塗っているだけなのに、夜中に心臓がバクバクして目が覚める
  4. 髪が生えてきても、やめたらすぐ元通り
  5. 持病のある人は、使えないことがある

リアップでこのように異様な服作用が起こってしまう理由としては、もともとリアップの有効成分「ミノキシジル」が心臓のお薬で、副作用で髪が生えてきたことから育毛剤に転用されたという経緯があるからです。

最強育毛ローション「バイタルウェーブ」は、リアップの育毛効果と比較してどうなの?

実は肝心の育毛効果についても、バイタルウェーブはリアップを上回る可能性があります。(効き方のメカニズムが異なるので、総合的な「育毛力」での比較です)

メインの有効成分 有効成分の濃度 効果の強さ
リアップ(医薬品) ミノキシジル 5% ×1
バイタルウェーブ(化粧品) キャピキシル 7% ×3

バイタルウェーブの有効成分である「キャピキシル」は、リアップの有効成分「ミノキシジル」の3倍も発毛効果があったと実証データが取れている成分です。

ゆえに、もしも育毛効果の強さだけで単純比較をした場合、バイタルウェーブの育毛力はなんとミノキシジル濃度「21%」に相当します。

つまりバイタルウェーブは安全性と育毛効果の両面で、医薬品育毛剤「リアップ」以上のスペックを秘めているということなのです。

なおバイタルウェーブは成分数が34と少なめ。これは一つ一つの成分濃度が高いことを裏付けると同時に、アレルギーリスクを下げる効果が見込めます。

  1. リアップ(ミノキシジル)が持つ育毛力の、4倍以上の効果が期待ができる
  2. キャピキシル配合の育毛ローションは「化粧品」なので、服作用のリスクがない

以上の2点が、バイタルウェーブの持つ優位なポイントです。

バイタルウェーブ公式サイトで詳しく見る

育毛剤部門・最強の育毛剤「ハツモールビューティーHi」

一見地味な商品ですが、この育毛剤には以下で挙げた4つの有効成分が、なんと医薬部外品の最高濃度で配合されているのです。

エストラジオール安息香酸エステル(女性ホルモン) ホルモンバランスを取り戻し、脱毛を抑える。過剰な皮脂の分泌を抑制する。
トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) 毛細血管の血行をよくする。活性酸素から身体を守り、老化を防ぐ。
パンテノール 毛髪や皮膚の栄養状態を整える。
グリチルリチン酸ジカリウム 抗炎症作用

ハツモールを作っている「株式会社 田村治照堂」は、育毛剤一筋・創業80年の老舗育毛剤メーカーです。円形脱毛症の治療薬なども開発しているメーカーなので、育毛分野で非常に長い実績を持った企業だと言えます。

「ハツモール」シリーズの説明書には、

「この製品を使用することで、白髪が黒くなることがあります。黒髪になって困る方は、ご使用をお控え下さい。」
という驚きの注意書きまで記載されています。

ハツモールには女性専用の育毛剤もあるみたいだけれど、Hiを選んでいいの?

女性用と男性用のハツモールで、有効成分の種類が一部変わります。とはいえ、現在出回っている育毛剤の多くは男女兼用で、ハツモールにおいても女性用/男性用で大きな成分差はありません。

女性用ハツモールや「特製(男性用)」、クリームタイプ・飲むタイプなど色々な種類がある中で、最も有効成分の濃度が高いのは「ハツモールビューティーHi」となります。

この貴重な情報は、私が現役の美容室オーナーでかつ、マニアックな美容情報に精通しているからこそ知りえた情報です。

いずれにせよ、有効成分の濃度が医薬部外品の上限濃度確定=最強の育毛剤たる揺るぎない根拠です。

最強の育毛剤「ハツモールビューティーHi」が持つ3つのデメリット

「ハツモールビューティーHI」は、有効成分の濃度が高い薬用育毛剤ならではのデメリットが3つあります。

  1. 若干頭皮がベタつくことがある
  2. 少し薬草の匂いがする
  3. 褐色の色が付いている

要するに人気の育毛剤と比較して、使用感が劣るということです。メーカー視点から考えると、使用感が悪い育毛剤は売れないので、人気の育毛剤メーカーはべたつきや臭いがなく、ほぼ透明の育毛剤を発売しています。

とはいえ、生薬成分が多くなると、使用感が犠牲になってしまうのは、ある程度までは仕方のないことです。

(匂いのある生薬成分がメインではない「バイタルウェーブ」には、これら3つのデメリットが当てはまりません)

2つの最強育毛剤は、それぞれどんな人におすすめ?

いずれの育毛剤も頭皮環境を整える効果男性ホルモンの働きを抑制する効果、両方が備わった優秀な育毛剤です。

比較的コスパが良く、薬用育毛剤の限界濃度を試してみたい方には「ハツモールビューティーHi」が向いています。

医薬品育毛剤「リアップ」の使用へ踏み切る前に、最後の砦として試す価値があるのは「バイタルウェーブ」。なおバイタルウェーブは、ハツモールビュティーHiと比較してサラサラの使用感です。

最強育毛剤2つは、女性でも効果がある育毛剤?

世の中に出回っている育毛剤は、7割近くが男女兼用です。実際のところ、有効成分として指定されている成分に男子施用・女性用の成分差は殆どありません。

以前ですと、男性等の育毛剤は強い爽快感を伴うものでした。ところが現在はメントール(頭皮がスースーする成分)の配合が概ねマイルドになっており、女性が使っても刺激にビックリしない育毛剤に仕上がっています。

まとめ

今回は「育毛ローション」と「育毛剤」の区別をした上で、「有効成分の濃度」という揺るぎない根拠、そして私自身のビフォーアフター画像を携えて最強の育毛剤2つをご紹介させていただきました。

ネットで人気の育毛剤は、容器が使いやすくてベタベタ感や薬草臭さがないなど、使用感の良さを重視して作られています。

なぜなら、育毛効果を上げるために有効成分をたくさん配合すると、購入者から「薬草臭い」「ベタベタして嫌だ」など不満の声が出てしまうからです。

つまり、ネットの口コミでは効く育毛剤よりも、使用感の優れた育毛剤が高く評価される傾向にあります。

これが一番売れている育毛剤=一番効く育毛剤ではない、という現実の種明かしなのです。

とはいえ、使用感が良くないと育毛剤が習慣になりにくいのも確かな事実。

もしもあなたが育毛効果最重視で育毛剤を選びたいのでしたら、使用感は二の次にして、今回ご紹介した2つの育毛剤のどちらかを、ぜひ一度試してみてください。(バイタルウェーブは、使用感も良好です)

なお、育毛効果の確かな実感が得られるのは早くて4~5か月、遅ければ9か月は必要です。これはどんな育毛剤でも共通なので、育毛は1年以上スパンの長期目線で効果を期待しましょう。

要するに、3か月ぐらいで初回割引が大きい育毛剤に浮気して、育毛剤を渡り歩いていては効果が分からないという話ですね。

⇒育毛ローション部門最強の「バイタルウェーブ」はこちら

⇒育毛剤部門最強の「ハツモールビューティーHi」はこちら

 

※期間限定キャンペーンのお知らせ※

6月末までの期間限定で、自分専用シャンプーを作れる「MEDULLA(メデュラ)」が

なんと6,800+TAX⇒2,980+TAX約56%OFFになる、

初回限定キャンペーンが実施されています。

しかも定期縛りなし・Web解約OK・14日間の返金保証付きです

この機会に一度「自分専用シャンプー」のケア効果を試してみませんか?

初回約56%OFFクーポンコードをコピー

まずは1分で終わる「MEDULLA(メデュラ)」の無料Web診断を受けてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
株)美テラシー代表取締役の角谷滉一と申します。都内で一人美容室「Re+」を10年経営している39歳の現役美容師です。趣味は「旅行」だと言いたいところですが、サロンワークとブログ執筆に労力を捧げ、自由時間や優雅さとは無縁の毎日を送ってます…。甘いものが大好きで、太りやすいです。 保有資格:管理美容師、色彩検定2級、健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2020 All Rights Reserved.