ミソフォニアの最新情報を今だけ無料配信中!

ミソフォニアでも、幸せをあきらめない。

2021年より、美テラシーは「ミソフォニア専門情報サイト」に生まれ変わりました。 くわしくはトップページをご覧ください。

 

 

2021年より、美テラシーは「ミソフォニア専門情報サイト」に生まれ変わりました。 くわしくはトップページをご覧ください。

ミソフォニアの克服が、正直に言って「無理」だと思った人

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
株)美テラシー代表 ミソフォニア専門家。 6歳の時にミソフォニアを発症した、ミソフォニア歴34年の当事者です。 2021年からは、美容情報サイトから刷新して、ミソフォニア問題の認知を広げ、ミソフォニアの苦悩を解消するための情報発信を行っています。
詳しいプロフィールはこちら

先日、ミソフォニアのオープンチャットに「いったいどんな人が居るのかな」と思って参加してきました。

結果、たったの1日で自主退会する判断を下して、確信できたことが1つあります。

感情論を持ち出すタイプの人は、ミソフォニアと直面したときに理性が働いてくれないので、もうどうしようもない人です。

なんとかして自分と同じような辛さを感じずに、ミソフォニアを克服してほしいという想いから情報提供しようと思いましたが、

「助ける人をよく選ぼう」という考えに変わりました。

もう間違っても、ミソフォニアの人「全員」を幸せにしたいとは、考えません。

ミソフォニアに愚痴はつきものなので、気持ちを吐き出す場所はあってもいいし、一過程としては必要と思います。

ですが、その場所でずっと留まりたいと思っている人は、自分が助ける必要はない人だな、と考え直すに至りました。

ミソフォニアは「自分の中の問題」なんですから、自分が向き合い方を知って、学んでいくしか前向きな道はないと思います。

自己責任の考え方を持っている人からしたら、当たり前の考え方なので、本来でしたらわざわざ言う必要もないことです。

もともとミソフォニアのオープンチャットに参加する前から、議論はしない前提でした。

でもミソフォニアを克服している人間として「意見」は言うつもりだったので、

「同じ場所でグルグル回っている人は、自分の経験からしか学べないと思い込んでいる。実際は頼ること一つとっても学んでいくスキルの一つだし、問題解決のための自己投資は必要」

と、私の意見を投げました。

結果何の反応もなく、次の日に色々な質問に答える中で

「ニーズがあればの話だけれど、講座をやる構想もある。労力と感情労働が伴うから、無料というわけにはいかないけれど」

という話を出したところ、「勧誘ですか?」と過敏な反応をする人が出現。

規約のスクショやら通報ボタンのスクショやらを立て続けに投稿し始めました。

「勧誘も何も、構想だって言ってるし、何もないところにどうやって勧誘するんだ」

という内容の投稿をしたら、

「言い方がキツイ」と、問題の焦点から外れた感情論を持ち出されました。

僕は誤解されたくなかっただけなので、仲裁役の人が割って入った後で、

「不快な思いをさせて申し訳ありませんでした」と、全面的に謝りました。

ところが、仲裁役の人が話を終わりにしたのに、今度は別の人が話を蒸し返して、

「私も不愉快だった。傷の舐めあいが癒しには必要。この場所が大事」

と言い始めました。あーもう、気持ち悪い。

(別に悪いことしてないけど)全面的に謝罪して、終わったはずの話を蒸し返されたので、もううんざりです。

この人が日頃からこんなことをしているんだとしたら、不幸になって当たり前だと思うんですよね。

周囲の人は当事者のことを理解しようとも思わないし、滅茶苦茶めんどくさい人ですから、話を聞いてもらえなくて当然じゃないでしょうか。

これは考え方(価値観)の問題なので、ミソフォニアだからとか、そうじゃないとかは無関係の話です。

少なくとも理性的に対話をできる相手ではないし、同じコミュニティに居たくもなかったので、当日中に断りを入れてから退会しました。

(オープンチャットは過去ログを見れるので、後で見た人が何らかの判断はするでしょう)

主催者からは「戻ってきてくれ」と言われましたが、ミソフォニアの本を出版したいそうなので、情報源が欲しかったんだと思います。

なるほどねーですが、だったらミソフォニア当事者でかつ、商業出版のやり方も詳しく学んでいる僕が出版すればいい話です。

自己投資ってやはり大事で、自分の身を守る「情報の防具」としても機能してくれるんだな、と実感しました。

今回の出来事から決意したことは、これからは向上心のある人だけを助けていこう、ということです。

「誤解される辛さ」を知っているはずのミソフォニアが、思い込みで責めてくるとは想像しなかったので、それなりに傷つきました。

たとえ同じ悩みを抱えたミソフォニアであろうと、話の通じない人とは関わらないでおこうと、心に決めました。

人生の時間は限られているので、価値観の合う人、向上心のある人と信頼関係を築くことを目標にします。

 

ミソフォニア専用・LINEアカウントのご案内

あなたのミソフォニアに関するお悩み・困っていることについて、個別で無料アドバイスを実施しております。

結構ガチで、じっくりお答えしていますので、ご返信に少々お時間をいただくことがあるのでご承知おきください。

クラウドファンディングの最新情報や、ミソフォニアに役立つ情報もこちらのLINEアカウントで配信していきます。

今のところ、ご登録いただくのは女性(10代)の方が割合的に最も多いです。

もちろん男性やミソフォニアの家族がいる方のご登録も大歓迎なので、ご相談があれば遠慮なくどうぞ(^^)

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
株)美テラシー代表 ミソフォニア専門家。 6歳の時にミソフォニアを発症した、ミソフォニア歴34年の当事者です。 2021年からは、美容情報サイトから刷新して、ミソフォニア問題の認知を広げ、ミソフォニアの苦悩を解消するための情報発信を行っています。
詳しいプロフィールはこちら
検索カテゴリー一覧から記事を探す










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2021 All Rights Reserved.