ミソフォニアの最新情報を今だけ無料配信中!

ミソフォニアでも、幸せをあきらめない。

ミソフォニア【セルフ診断テスト・全25問】 ミソフォニア歴34年の専門家が提供する、音嫌悪症のセルフチェックテスト。

このミソフォニアセルフ診断テストは、あなたのミソフォニアの重症度をチェックするのに役立ちます。

ただし、ミソフォニアの公式な診断テストはまだないことをご理解ください。

テスト結果を見るためには、すべての質問に答える必要があります。

テストが終了すると、診断結果の要約と採点結果を確認することができます。

※診断結果は個人差を伴うことが考えられますが、ミソフォニア当事者歴34年の、ミソフォニア専門家によって作成されたものです。

【ミソフォニア診断テスト】
問1 : ある特定の音と遭遇しないために、意識的に避けている人や場所はありますか?
問2 : 平均して1日に何回ぐらい、音に対してネガティブな感情を抱きますか?
問3 : 不快な音を聞いたとき、少しイライラしたり、ザワザワする。
問4 : 不快な音を聞いたとき、最低1つの身体的な不快感を感じる
問5 : 不快な音を聞いたとき、ある程度の怒りを感じる。
問6 : 不快な音を聞いたとき、うんざりする。
問7 : 不快な音を聞いたとき、罪悪感を感じる。
問8 : 不快な音を聞いたとき、憤慨するほど悔しい。
問9 : 不快な音を聞いたとき、気持ち悪い。
問10 : あなたの状態を最も的確に表しているのは、次のうちどれですか?
問11 : 問題の音を聞いた後、あなたが負の感情を「乗り越える」または「手放す」まで、どのくらい時間がかかりますか?
問12 : 繰り返し問題の音を聞くと、音を出している人に「やめてほしい」と頼みたくなる。あるいはすぐに音の発生源から離れたくなる。
問13 : 音によっては、パニックを起こしてしまうことがある。
問14 : 誰かが騒いでいると、怒鳴りたくなる時がある。
問15 : 音が原因で、友人関係や恋愛関係がうまくいかなかった経験がある。
問16 : 特定の音は、音量がさほど大きくなくても不快感を感じる。
問17 : 初めて音に強烈な不快感を感じた体験は、ごく日常的な光景での出来事だった。
問18 : 空調の音や換気扇の音は、多少音が大きくても怒りが湧くことはない。
問19 : 特定の音が、あなたの生活に影響を及ぼしている分野(全5分野)の数を答えてください。 【社会生活】 【仕事での生産性/学校での勉強】 【生活全体のストレスレベル】 【自尊心/自己肯定感】 【身体の健康】
問20 : 貧乏ゆすり/足をブラブラさせる動作に反応する。
問21 : 食べ物を口に運んだり、噛んでいる人の姿を見た時に反応する。
問22 : 髪の毛をいじる仕草/顔を触る動作に反応する。
問23 : 指先で机の上などをトントンと叩く動作に反応する。
問24 : 問題の音に対する反応(感情)を、あなたはどのぐらいコントロールできますか?
問25 : 以前はいくつかの音に悩まされてきたけれど、慣れてきて最近はあまり気にならなくなった。

 

そもそもミソフォニアのことをまだ詳しく知らないという方は、こちらの記事が参考になると思います。

ぜひご一読ください。

 

ミソフォニアの重症度をより専門的に診断するための方法を知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

ミソフォニアの有病率や最新の統計データに関心のある方は、こちらの記事がお役に立つと思います。

ミソフォニアとの具体的な違いが分かりにくい「聴覚過敏」の比較記事はこちらです。

こちらは、最近認知度が一気に上がりつつあるHSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とミソフォニアの関連性について書かれてます。

ミソフォニアの多様かつ複雑な症状を、種類や内容で体系化した記事がこちらです。

ミソフォニアで苦しむ人は、どのような基準をもって適職を探せばよいのか?というテーマで書かれた記事はこちらです。

ミソフォニアの症状が社会生活に支障をきたしている方は、ぜひご覧になってください。

ミソフォニア発症のきっかけのことについて詳しく書かれた記事です。

自分がミソフォニアなのかどうか確信が持てない人にご一読をおすすめします。

ミソフォニアの症状で、負の感情を誘発する音のことを通称「トリガー音」と呼びます。

トリガー音の具体的な種類や内容について詳しく書かれた記事がこちらです。

ミソフォニアの発症メカニズムについて、アメリカの最新研究データをもとに書かれた記事です。

やや専門的で難しい言葉も出ますが、ミソフォニアの正確な理論を知っておきたい方はぜひご覧ください。

ミソフォニアと症状の似通ったSPD(感覚過敏)との違いについて詳しく紹介した記事です。

自分の現状をより正確に分析するためには、多角的な視点での分析が必要になります。

その観点からSPDのことも、知っておいて損はない情報だと思いますので、自己分析にお役立てください。

ミソフォニアの可能性があった偉人・有名人について、こちらの記事で紹介しています。

海外ではIQの高さとミソフォニアの関係性も研究されているので、ご興味ある方はご一読ください。

ミソフォニアと関連性の高い「トラウマ」について解説した記事です。

なぜミソフォニアの治療に時間がかかるのか?その理由に言及しています。

Copyright© 美テラシー , 2021 All Rights Reserved.