取材のご依頼・お問い合わせはこちら

生きていこう。自分の欲しい「美」を探して

ミソフォニアのイライラ感は、やり過ごしていればそのうち良くなっていく?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表  活動名:Hazime 〇都内でサロン経営12年 〇SEO集客コンサルタント 〇日本で唯一のミソフォニア専門家 美容情報の発信のほか、ビジネスコンサルタント業、セミナー講師業などをしております。
詳しいプロフィールはこちら

今回お伝えする内容は、ミソフォニアの悩みをなるべく考えたくなくて、時間が問題を解決するだろうと楽観視している人にとっては、少し耳の痛い内容になるかもしれません。

まず結論からお伝えすると、時間経過でミソフォニアの苦痛が和らぐ事は、ないんです。

海外で、ミソフォニア当事者1000人以上を対象にして行われたアンケートの、ミソフォニア歴は平均「23年」でした。

実際、僕にご相談くださった方でも下は中学生、上は50代なので、放っておけばいつか良くなる、と言う考え方はあまりに楽観的すぎます。

会社勤めの方でも、あまりの辛さに「トイレで泣いているしかない」と言う方もいました。

他にも、音が聞こえない時でも不安が消えなくなってしまうという、深刻な「不安障害」を起こしてしまっている方もいたので、これから先に待ち受けている過酷な現実からは、目をそらせないと思います。

しかも、気になる音は時間経過で増えていくケースの方が多いので、悩みの深刻さは年齢を重ねるほど重くなっていく、とも言えるでしょう。

特に、ミソフォニアの反応をコントロールできない状態のままで、家族や恋人、親しい友人といった、あなたが大事にしたいと思う人たちと、トラブルを起こさず良好な関係を維持するのは難しいです。

僕自身、ミソフォニアの問題があったことで人間関係がうまくいかなかった経験は数え切れません。

人間関係がうまくいかない=プライベートでも仕事でもハンディを抱え続けることになるので、あなたの人生レベルで影響を与える問題なんだというご認識を持たれたほうが、今後のあなた自身のためだと思います。

そんなに生きづらさにつながる問題なら、今の社会の風潮だと環境の配慮を求めることができるんじゃないか?と考える方もいるかもしれません。

それもあなたが想像するほど簡単なことではありませんので、次回の配信では周囲からの配慮を求めるのが想像以上に難しい理由についてお届けします。

ではでは、今回の内容はここまでです^^

この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表  活動名:Hazime 〇都内でサロン経営12年 〇SEO集客コンサルタント 〇日本で唯一のミソフォニア専門家 美容情報の発信のほか、ビジネスコンサルタント業、セミナー講師業などをしております。
詳しいプロフィールはこちら
検索カテゴリー一覧から記事を探す










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2021 All Rights Reserved.