取材のご依頼・お問い合わせはこちら

『美』のリテラシーにもっと多様性を。

【Q&A】他の悩みもあります。ミソフォニアの悩みと向き合う優先順位が判断できません。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表  活動名:Hazime 〇都内でサロン経営12年 〇SEO集客コンサルタント 〇日本で唯一のミソフォニア専門家 美容情報の発信のほか、ビジネスコンサルタント業、セミナー講師業などをしております。
詳しいプロフィールはこちら

無料メールマガジンの読者の方から

「私はミソフォニア意外な事でも、いろんな悩みを抱えています。どれから取り組んだらいいかわからないので、ミソフォニア改善と向き合う優先順位が知りたいです」
というご質問をいただきました。

ミソフォニアの人はHSP資質を持っている方も多いので、解消したい悩みはきっと他にも色々とあると思います。

もしもあなたが、「ミソフォニアのことはもっと後でもいいや」と考えているのでしたら、ミソフォニアの優先度をもっと上げたほうがいいかもしれません。

なぜかというと、ミソフォニアの放置は「地雷源を歩き続ける」ようなものだからです。

どんなに気分が良い時でも、ミソフォニアのきっかけになる音を聞いただけで、何度でも不機嫌へ堕とされますし、周囲の人からも腫れ物扱いされます。

あなたが音で不機嫌になる、理由を理解できない他人は「何が起こったの?」と戸惑いますし、気分が急変するあなたのことを、意味が分からなくて「怖い」と思う人もいるからです。

あなたが前向きに、気分良く過ごす努力をしていても、音のストレスが容赦なく、せっかくの努力を何度でも台無しにしてくれます。

音による耐えがたいイライラは、

  • 周囲との人間関係
  • 取り組むことへの集中力
  • 落ち着いて過ごしたい時間
  • 楽しみたい場面

ミソフォニアの悩みは、生活の中のあらゆるシーンで、突然ズドンと重たいストレスを与えてくるので、嫌な気分を持ち直すだけでも大変だと思います。

病院のカウンセリングを受けると「あまり気にしないようにしましょうね」系の言葉で安心させてくれようとはしてくれますが、そもそも音を気にせずにいられないから悩むわけですよね。

ご相談者の中には、とにかく嫌な音を避けるようにしてきた結果、学生の時はやり過ごしてこれましたが、職場環境がダメで、どうしようもなくなってしまった方もいました。

その方は

「せっかく目標だった仕事にも就けたのに、毎晩帰宅してから家族に当たって、号泣してしまいます」

と、辛い毎日を余儀なくされていましたが、これはミソフォニアの問題を、見て見ぬふりを続けてきた結果でもあると思うんですよね。

ミソフォニアの問題は、見たくないからと無視を貫いていくと、手の付けようがない状況になってしまいかねません。

なので、あなたが他に解消したい悩みや、「こんな面倒なことは無視して、他のことをやりたい」という気持ちもすごくわかるんです。

分かるんですが、やはりミソフォニア問題と向き合う優先度は、今後「もう、どうしていいかわからない!」となってしまう前、できれば優先順位ナンバーワンをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表  活動名:Hazime 〇都内でサロン経営12年 〇SEO集客コンサルタント 〇日本で唯一のミソフォニア専門家 美容情報の発信のほか、ビジネスコンサルタント業、セミナー講師業などをしております。
詳しいプロフィールはこちら
検索カテゴリー一覧から記事を探す










Copyright© 美テラシー , 2021 All Rights Reserved.