ミソフォニアの最新情報を今だけ無料配信中!

ミソフォニアでも、幸せをあきらめない。

ミソフォニアを悪化させないために必要な、自律神経を整える5つの習慣。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表  活動名:Hazime 〇都内でサロン経営12年 〇SEO集客コンサルタント 〇日本で唯一のミソフォニア専門家 美容情報の発信のほか、ビジネスコンサルタント業、セミナー講師業などをしております。
詳しいプロフィールはこちら

ご相談者の方から

「今のうちから、自分でやっておけるミソフォニア対策があったら知りたいです」

というご要望をいただいたので、意識さえすれば誰でも習慣化できる、自律神経の整え方をご紹介します。

ミソフォニアの人はHSPの傾向も強い人が多いので、なにかと神経過敏になりやすく、自律神経も乱れがちです。

今よりもっと「自分を深く・正しく知る」のがミソフォニア改善には欠かせないことなので、ぜひ最後までお読みください。

音に過敏な状態から抜け出しやすくなる5つのポイント

ミソフォニアの反応と深く関わっている自律神経は、何気ないことで乱れてしまうもの。

そのかわり自律神経は、日ごろの習慣をほんの少し意識的に変えるだけで整えることができます。

音に対する「感覚の過敏さ」を助長させないために心がけたいのは、シンプルな5つのポイントです。

意識的に腹式呼吸を増やす

「自律神経脳(トカゲ脳)」と「呼吸」は、お互いに影響を及ぼし合う関係性です。

交感神経の働きが過剰に強くなる(覚醒する)ことで、ミソフォニアの反応も激しくなります。

自律神経を整えるためには、副交感神経の働きを優位にするのが大切です。

日中に浅くて早くなりがちな呼吸を、意識的に腹式呼吸へ切り替えるだけで、自律神経はかなり安定させやすくなります。

睡眠のリズムをなるべく乱さない

(自分の耳にも痛い内容なのですが)心身のバランスを自動調節する自律神経脳にとって、質の良い睡眠は欠かせません。

深夜、寝る直前までスマホを見る習慣は、睡眠の質を下げて神経過敏な状態を助長するので、やめるようにしましょう。

ただでさえ、HSP資質持ちの人は脳が「情報疲れ」を起こしやすいので、自分は疲れやすい脳の持ち主なんだという自覚はとても大事です。

タンパク質不足に注意した食事を摂る

脳の正常な神経伝達に欠かせない必須アミノ酸(トリプトファンなど)の原料になる、良質なタンパク質は十分に摂る必要があります。

牛乳やお肉、大豆製品などのタンパク質源となる食材を、毎日欠かさず摂るようにしましょう。

マインドフルネスの習慣化

たとえば長期休暇で楽しいことが続いている状態のとき、あなたの気分は上がっていると思いますが、自律神経脳にとってはストレスフルです。

楽しいことがあっても凹むことがあっても、メンタルをフラットに整えるマインドフルネスの習慣化は、ミソフォニアでなくとも必要不可欠だと思います。

なんでもやり過ごすのではなく、良いことも悪いことも、自分の内面と丁寧に向き合っていくのがマインドフルネスの基本スタンスです。

マインドフルネスのビギナーさんは、自律神経がリラックスしやすい入浴中に、自分と向き合う習慣を始めてみてはどうでしょうか。

「負の感情」の特性を知る

心理学の世界において、ネガティブな感情はポジティブな感情の3倍も強力な力があると言われます。

また、ポジティブな出来事を連鎖的に思い浮かべることと比較して、ネガティブな出来事を際限なく思い出して、イライラするほうが圧倒的に簡単です。

なので、ポジティブ感情の3倍も強いネガティブ感情をコントロールするためには「努力」が必要で、負の感情がグルグルと回るのも、意識的に断ち切る必要があります。

「負の感情」と「正の感情」が同じパワーバランスではないという原則は、最初に知っておくべきことでしょう。

まとめ

今の私はミソフォニアで負の感情が出ませんが、神経過敏で疲れやすいのは以前とさほど変わりません。

自律神経も意識的に整えて、フラットなメンタルに戻しやすくしているとはいえ、自律神経からくる体調不良も2つ抱えてます。

男性では珍しい悩みの「便秘」と、さほど珍しくはない「不眠」です。

自律神経は脳よりも「腸」から伝達される信号をたくさん受け取ると言われているので、何もしなければお腹が張り続ける「便秘」は、自律神経の影響だと思われます。

「不眠」も寝る前に活発になるはずの、副交感神経がうまく働いていない証拠なので、感情のコントロールはできても、脳のストレスは高止まりのままです。

そもそも、不調の全てを自分の意志の力だけでなんとかする必要もないと思っているので、便秘と不眠は薬のお世話にもなってます。

熟睡できない⇒神経がもっと過敏になる⇒ストレス耐性が落ちる、という悪循環に陥ってしまうのだけは、強引にでもストップさせた方が安全かな、という考えからです。

今回お伝えした5つの内容を実践することで、今よりも「情緒面の安定感」は確実に得やすくなります。

当たり前のことしか書いてなかったかもしれませんが、どれか一つでも参考になれば幸いです。

 

ミソフォニア専用・LINEアカウントのご案内

あなたのミソフォニアに関するお悩み・困っていることについて、個別で無料アドバイスを実施しております。

結構ガチで、じっくりお答えしていますので、ご返信に少々お時間をいただくことがあるのでご承知おきください。

クラウドファンディングの最新情報や、ミソフォニアに役立つ情報もこちらのLINEアカウントで配信していきます。

今のところ、ご登録いただくのは女性(10代)の方が割合的に最も多いです。

もちろん男性やミソフォニアの家族がいる方のご登録も大歓迎なので、ご相談があれば遠慮なくどうぞ(^^)

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表  活動名:Hazime 〇都内でサロン経営12年 〇SEO集客コンサルタント 〇日本で唯一のミソフォニア専門家 美容情報の発信のほか、ビジネスコンサルタント業、セミナー講師業などをしております。
詳しいプロフィールはこちら
検索カテゴリー一覧から記事を探す










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2021 All Rights Reserved.