魅了する言葉÷隠れた事実=知りたい真実

美容室ジプシーはもう卒業!カットが上手い美容師と下手な美容師の明快な見分け方!

角谷 滉一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら
「カットが上手い美容師」が見分けられないお悩み相談
カットの上手い美容師の探し方を教えて下さい。私の髪質がくせ毛で髪の量も多いので、カットの下手な美容師に失敗されると、何をしてもまとまらない髪型になってしまって大変です…。

今までは自分の髪のことをよくわかってくれて、お任せできる美容師さんがいたのですが、仕事の都合で私が遠方に引っ越しをしました。それから半年、毎月違う美容室を渡り歩いていますが、なかなか上手いと思える腕のいい美容師にめぐりあえないです。

自分でスタイリングをしても全然まとまらないので、毎朝鏡を見るのが憂鬱です…。経験年数のあるベテランの美容師さんでもしっくりこないし、若い美容師さんで下手だなと思う人もいるし、どうやって上手い美容師と下手な美容師を見分ければいいかわからないので、教えてください。

あなたの場合は「くせ毛」と「髪の量が多いこと」が悩みなので、その悩みが得意な美容師を探す必要があります。何をもって「カットが上手い美容師」と定義するのかは、あなたの抱える悩み・願望によって変わります。

カットテクニックということに絞って言うならば、ショートボブ以下の長さのヘアスタイルを切る場合にカット技術の上手い下手は顕著に分かります。

カットが上手い美容師の判断基準と、美容師選びを失敗し続ける理由、あなたの悩みを解決して似合う髪型にしてくれる「カットの上手い美容師の見つけ方」を解説していきます。

そもそも「カットが上手い美容師」の定義とは?

美容師の場合、接客やその他の付加価値もお客さんの満足度に大きく関係するため、「技術の習熟度」のみでカットが上手い・下手と定義できないのが難しいところです。

あなたにとっては上手い、腕がいいと思う美容師でも、他の人からするとそう思わない場合もありますし、同業者である「美容師から見た上手い美容師」というのもまた違います。

今回は「美容室のお客さん」という、あなたの立場から見た主観での判断になるので、「何度も通いたいと思える、似合う髪型にしてくれる美容師」のことを「カットがうまい美容師」と定義します。

お客さんが美容師に求める7つの価値

お客さんが美容師に求める価値として、7つの価値基準が挙げられます。

  1. 技術レベルの高さ
  2. 流行と定番の理解と提供
  3. 気配りが行き届いているか
  4. 好みを理解してくれるか
  5. 美容師の醸す雰囲気
  6. カットの値段
  7. 場所やお店のブランド

①技術レベルの高さ

「カットがうまい」と聞いて、一番に思い浮かぶのがこの「技術レベルの高さ」なのではないでしょうか。具体的には

  • 迷いがなく、早くて正確なカット
  • 左右対象のヘアスタイルが切れる
  • ガタガタの仕上がりにならない
  • ヘアスタイルが長持ちする

この4つの要素が感じられると、「カットの技術がうまい」と感じる人が多くなります。

単純に自分に似合っているか、似合っていないかは自分でもわかる人はわかるので、「似合わせ方」というのはまた別の要素に分類されます。

②流行と定番スタイルの理解と提供

女性は髪型の流行の移り変わりが非常に激しく、男性の髪型の流行は女性に比べると変化が緩やかです。でも流行を表現する前に「定番スタイル」が前提として存在します。

性別・年齢・長さ別で切り分けをしながら定番スタイルの髪型を作ることができて、更にそこに「今どき」を感じさせる顔周りの要素やメイク、ヘアカラー、パーマとのコラボレーションが加わわることで、時代遅れに感じさせない「流行のスタイル」が作られます。

③気配りが行き届いているか

美容師がお客さんに提供するものとは、技術以外ではこの「気配り」によるものがほぼ全てです。例えば、

  • 触り方が荒っぽくない
  • 暑さ寒さなど、環境の快適さへの配慮
  • 居心地の良さを感じさせてくれる
  • 自分の希望を汲み取ってくれる
  • 悩む気持ちを理解しようとしてくれる
  • お客さん目線と他者目線の、両方を考えてくれる
  • ライフスタイルなど、生活背景を想定したスタイル提案をしてくれる

一貫して言える事は「豊かな想像力」を使って、あなたを満足させようとする行為だということです。それがあるか無いかで、あなたの満足度には大きな違いが出ます。

④好みを理解してくれるか

誰にでも「好みの髪型」「好みの髪の長さ」というものはありますし、流行で合っていても「やりたくない髪型」というものもあります。

もしも流行のスタイルがあなたの好みでなかった場合、それを理解して他のヘアスタイルを提案してくれるかどうかといったことも、一つの価値基準です。

⑤美容師の醸す雰囲気

「雰囲気」と言うとかなり抽象的なものにはなりますが、それも確かに判断基準として使われます。言い換えると、「この人になら私の髪を任せても大丈夫そう」という正体不明の安心感です。

逆に、ネガティブな印象を与える雰囲気は、

  • 美容師本人の服装や髪型がダサイと感じる
  • 清潔感がない
  • 太っていたりタバコ臭かったり、不摂生を感じる
  • 自信がなさそうなのが、あなたに伝わる
  • 逆に態度が高圧的

こういった要素があると、まだ信頼関係が築かれていない初回来店時のカウンセリングでは「この人にカットを任せても大丈夫なのかな…」といった不安を感じます。

⑥カットの値段

カットで手痛い失敗経験のある人は「少し高くてもいいから上手な人に切ってほしい」と思いますが、そうではない人は「なるべく安くてカットの上手い人はいないかな?」コスパ重視で探す傾向にあります。

⑦場所やお店のブランド

立地が表参道や銀座など、「場所そのもの」にブランド価値があるエリアかどうかという基準、「有名な人気美容室」かどうかという基準、「美容師個人の実績や知名度の高さ」があるかどうかという、3つのブランドによる判断基準があります。

経験年数や実績とカットの上手い・下手が比例しないたった一つの理由

店長クラスの美容師にカットしてもらっても「下手だ」と感じる場合がありますし、逆にまだ経験の浅い、若い美容師がカットをしても「うまい」と感じる場合があります。

本来であれば経験も実績も豊富な店長クラスの美容師の方が上手いはずなのに、なぜでしょうか?

その違いを生み出す決定的な理由とは「勉強を継続しているか否か」、それ一つだけです。美容師は大体、5年~10年かけて一通りのことが何でもできる「一人前の美容師」となります。

でも、時代は常に移り変わっていくので

  • 新しい技術
  • 流行のスタイル
  • パーマやカラーの薬剤知識

この3つについて勉強し続けなければなりません。ひとたび人気美容師として成功体験を得た美容師でも、勉強することを放棄してしまった美容師は、バランスは悪くないけれども古臭い髪型を作る「時代遅れの美容師」に堕落してしまいます。

カットが上手い美容師、下手な美容師の5つの特徴

カットの才能がある美容師は「仕上がりの髪型」というゴールまでの最短距離が瞬時に分かるので、カットがとにかく早くて、仕上がりも上手いです。

でもそれは一握りの天才肌の美容師にのみ当てはまることで、他にもカットが上手い美容師と下手な美容師の特徴があります。

カットが上手い美容師の5つの特徴

カットが上手い美容師とは、あなたの気持ちを汲み取って、期待以上の満足を与えてくれる美容師ということもできます。

私自身が今まで多くの美容師を見てきて感じる「人気のある美容師の共通点」を6つ挙げて解説します。

  1. サイドや前髪から切り始める
  2. 顔まわりを丁寧に作る
  3. 美容師自身の持つこだわりと、お客さんの希望を区別して提案する
  4. 「無理」という言葉を簡単に使わない
  5. イメチェンを拒否しない
  6. 今後を見据えた提案がある

①サイドや前髪から切り始める

美容師は後頭部やサイドなど「他人から見たときにどう見えるか」に目が行きやすいですが、お客さん本人は自分が正面から見えるところを気にします。

カットの上手い美容師はこの「お客さんが見るのは正面だ」ということをよく理解しているので、安心感を与えるためにサイドや前髪から切り始める人が多いです。

とはいえ、「仕上がりで一番短い場所から切っていく」というカットの原則もあるので、一概には言えず、あくまで傾向です。

②顔まわりを丁寧に作る

流行や似合わせに最も関係してくるのは「顔周りの髪の毛」です。顔型など、コンプレックスへの対応にも深く関係する場所なので、顔周りを丁寧に作り込む美容師はカットが上手です。

③美容師自身の持つこだわりと、お客さんの希望を区別して提案する

美容師は職人的な仕事になるので、各々が独自のこだわりを持って仕事をしています。

でも、その「美容師のこだわり」「あなたの希望」が合致しなければ、似合っていてもあなたが満足する髪型にはなりません。

それを理解してヘアスタイルの提案をする美容師は、上手い美容師だといえます。

④「無理」という言葉を簡単に使わない

髪の長さやクセ、ダメージの問題で、あなたが希望する髪型にするのが難しい場合もあります。でも上手い美容師は「できるようにするための方法」を模索するので、簡単に「無理」という言葉は使いません。

今の状態では難しくても、出来るようになるまでの「見通し」を伝えたり、好みのテイストを察している場合は、あなたが好みそうな他のヘアスタイルも提案します。

⑤イメチェンを拒否しない

「イメチェン」は、美容師にとって大変プレッシャーのかかる仕事です。

積み重ねてきた経験値が多ければ、仕上がりにある程度の予測を立てることはできますが、不確定要素は残ります。かといって失敗は許されないので、仕事の難易度は上がります。

「イメチェン」という難しい仕事にやりがいを感じる美容師は、挑戦する意欲を持ち、成長し続けている美容師の証拠なので、上手い美容師です。

特にショートヘアなど、ショートボブ以下の長さの場合、

  • フォルム(形のバランス)の違い
  • 切り方による細部のニュアンスの違い
  • 普段あなたがスタイリングする場合の扱いやすさの違い

そういった違いがはっきりと分かる傾向にあります。髪の長さが短いがゆえに、仕上がりが生えグセや毛流れの影響をモロに受けてしまいやすくなります。

しかもコテで巻くなど、髪の形を変える「セット」でカットの不出来を誤魔化すことが難しくなるので、あなた自身も美容師によってこんなにも違いがあるものなんだ、というのをはっきりと感じやすいです。

⑥今後を見据えた提案がある

今回のカットをした後、この先に待ち構えているメリットとデメリットを踏まえた提案を出来る美容師は上手い美容師です。

イメチェンの場合にも関係することですが、

「あんなのも出来るし、こんなのも出来ますよ!そうするとこの先はこうなるので、そうなったらこういうことも出来ますが、こんなデメリットも考えられます。」

といった風に、想像力を駆使して「展開させる力」がある美容師は、あなたを何度でも満足させてくれる美容師です。

カットが下手な美容師の5つの特徴

長い経験を積んでいてもカットが下手な美容師には、共通して見られる特徴が5つあります。

  1. 「前回と同じ」を多用する
  2. 美容師の好みを押し通す
  3. 「髪質」を理由に断ることが多い
  4. 技術の一つ一つが荒っぽい、痛い
  5. その場限りの見映えを重視する

①「前回と同じ」を多用する

下手な美容師は「変化」を好まず、現状維持や守りに入るので、「前回と同じで良いですか?」という言葉を多用します。

本来であれば工夫をすれば「小さな変化」は毎回与えることができるものですが、それを提供しない美容師は「マンネリ」という問題を引き起こしますし、成長もしません。

②美容師の好みを押し通す

「今はこれが流行だから」「あなたの場合は絶対これが似合うから」など、あなたの話を聞き入れようとしない美容師は下手な美容師です。いくら美容師自身のセンスが良くても、あなたには不満が残ります。

③「髪質」を理由に断ることが多い

美容師にしか分からない「髪質」だけを理由にして「無理」と断る美容師は、下手な美容師です。

カットだけで対応不可能な場合は、現状説明と同時にパーマなど、髪質の問題を何とかして要望を叶える「代替案の提案」があっていいはずです。

④技術の一つ一つが荒っぽい、痛い

単純に他人の感覚に対して鈍感だという証拠ですが、不満や不快感を与える行為に無頓着な美容師で、今回の定義での「カットが上手い美容師」にあたる人を見たことがありません。

中には「カットの先生」と呼ばれるような立場の人でも、髪の扱いが乱暴な美容師が存在します。

「カット技術の精度」はその方が高まるのかもしれませんが、美容業はモノではなく、人間相手の仕事です。仕事の効率や精度も大切ですが、それはちょっとどうなのかなと私は思います。

⑤その場限りの見映えを重視する

ドライヤーだけでは髪がまとまらず、コテに頼ること前提でのカットを「上手い」とは言えないと思います。

芸能人や職業モデルさんの場合はプロのヘアメイクがスタイリングをしてくれるのでそれでも構いませんが、あなたの場合はあなた自身がスタイリングをする必要があるからです。

カットが上手い美容師を探す、たった一つの方法

美容師は人気商売なので、カットの上手い美容師ほど予約が取りにくいです。一番予約が取りにくいのは「伸び盛りの人」、つまり本来の価値よりも安売りしている人気美容師です。

同じ値段を出すならばカットが上手い人にやってほしい。誰もが同じことを考えるので、丁寧でいい仕事をするのに安売りしている美容師には、予約が集中します。

カットが上手い美容師を見分けるには、ホットペッパービューティーなど、Web予約のシステムがある美容室で、個々の予約状況を見ることで「本当に人気のある美容師」なのかを判断することができます。

ご飯屋さんで、昼飯時にガラ空きで美味しいお店は存在しないのと同様に、いつでも予約が取れる美容師で上手な美容師も存在しません。

その逆もまた然りで、人気がなくて指名客が付かない下手な美容師はいつでも予約が取れます。

腕のいい美容師で、いつでも自分の好きな時に切ってもらえればそれが一番なのは分かりますが、誰しも同じ願望は持っています。

「需要と供給の市場原理」は美容師の世界でも正しく機能するので、カットが上手くて人気のある美容師の予約は取りにくいのが必然です。

しかもそういう美容師はリピートの顧客で一杯になって集客の必要性がなくなるので、最終的には紹介以外の新規予約をほとんど取らなくなります。

むしろ「人気」だと宣伝されているのに、ネット予約を確認するとガラガラに空いている美容師は、実際には不人気で、下手な美容師の可能性が高くなります。

まとめ

  • カットが上手い美容師とは、あなたに何度でも期待以上の満足を与えてくれる美容師のこと
  • カットが上手い美容師は想像力豊かで、気配り上手
  • カットが上手い美容師には、想像力を超えた「展開力」がある
  • 勉強することを放棄した美容師は、年齢に関係なくカットが下手な美容師に堕落する
  • 簡単に「無理」だという言葉を使う美容師は、下手な美容師
  • 下手な美容師は変化を好まず、仕事内容が近視眼的かつ刹那的
  • カットの上手い美容師は予約が取りにくい。「需要と供給の市場原理」が正常に働くので、例外はない。初回来店前に見分ける場合は「ネット予約の状況」で判断できる

 

ブログランキング参戦中!いつも応援ありがとうございます(^^♪目指せ一位!現在はランキング何位でしょうか?
↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 

LINEでは「美容のお悩み相談」を承っていますので、ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。LINE読者限定の一般には出回らない「厳選お得情報」も配信しています。ご登録は今すぐこちらから
↓↓↓↓
”LINEで友達になる"

 

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら
インスタグラム、毎日更新中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2019 All Rights Reserved.