LINEご登録で美容の最新情報をお届け!

現役美容師が運営する、美容情報メディア

ダメージによる髪のうねりを改善できる、3つのセルフ対処法!うねりの原因と対策も徹底解説!

アバター
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
株)美テラシー代表取締役の角谷滉一と申します。都内で一人美容室「Re+」を10年経営している39歳の現役美容師です。趣味は「旅行」だと言いたいところですが、サロンワークとブログ執筆に労力を捧げ、自由時間や優雅さとは無縁の毎日を送ってます…。甘いものが大好きで、太りやすいです。 保有資格:管理美容師、色彩検定2級、健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)。
詳しいプロフィールはこちら

髪のダメージがひどくなってから、いままで気にしたことがないうねりまで出てきた気がする…。

それは決して気のせいではなく、髪の保水力が低下して、髪内部がアンバランスになっているからです。

今回の記事では、今日から自分でできる3つのうねり改善策。それにプラスして、美容院でのケアがおすすめな「うねり髪の簡単な見分け方」もお伝えします。

あなたの髪がうねる正確な原因と対策を知って、残念ヘアの憂鬱に悩まされない髪を手に入れましょう。

髪のうねり改善対策・自分でできる2つの方法

髪のダメージが原因のうねりは、髪内部の水分バランスが崩れてしまうことで起こります。

うねり改善に効果的なセルフ対処法は、以下に記載した3つの方法です。

髪のダメージ改善に、十分な効果の見込めるトリートメントを使う

うねりをやわらげるためには、コンディショナーによる髪のコーティングだけでは、全く効果が及びません。

髪が傷むことで発生したうねりには、髪の内部補修効果のある成分が効果的です。

  1. エルカラクトン(ドライヤーの熱を味方にできる補修成分)
  2. アルガニアスピノサ核油(別名アルガンオイル。傷んだ髪を強くする)
  3. シルクPPT(絹のたんぱく質に由来する成分。ハリコシ・サラサラ感を与える)

うねり改善に効果的なトリートメントを選ぶときは、これら3つの成分が配合されたトリートメントを選びましょう。

うねりを抑えられる髪の乾かし方に変える

ほとんどの日本人の髪の毛は、つむじから放射状に生えています。

毛流れに逆らった乾かし方はうねるクセ毛を助長するので、ドライヤーの風は常に上から下に向かって当てるようにしましょう。

この時、髪を適度に引っ張りながら乾かすのもポイントです。

目で見た時に、クセが伸びている状態を保ちながら乾かすことで、髪のうねりは半分ほどまで抑えられます。

そしてドライヤーの温風を当てた直後の髪は、まだ髪の形が固定されていません。

うねりを押さえるためには、最後にドライヤーの冷風を髪に当てて、開いたキューティクルを閉じてあげるのが効果的です。

ドライヤーの前後に、セット力があるタイプのヘアオイルを使用する

髪にうねりが出ない水分バランスをキープするのに、速効で役立ってくれるのがヘアオイルです。

どんなヘアオイルでもうねりに効果があるわけではなく、少しとろみのあるヘアオイルがくせ毛の緩和に向いています。

逆にサラサラとした使用感のヘアオイルは、その「軽さ」ゆえにうねりを抑えにくいです。

髪を乾かす前後にヘアオイルを使用することで、最も湿気の影響を受けにくい髪にすることができます。

美容院で対策してもらうべき「うねり髪」の見分け方は?

手で引っ張りながら乾かしても取れないうねりは、高温のストレートアイロンでうねりを取り除く必要があります。

もしも湿気に揺るがないサラサラヘアを作りたい場合は、ストレートパーマ(縮毛矯正)の力が必要です。

近年流行している、美容院で行う「酸熱トリートメント」も、髪のうねりを抑える効果が得られます。

そのかわり、酸熱トリートメントが不向きなくせ毛・髪質もあるので、担当の美容師に相談しましょう。

いずれにしても、髪に対して熱のダメージが加わる行為なので、ケア意識は大切です。

ダメージした髪はどうしてうねりが出る?3つの原因

そもそも、傷んだ髪はなぜうねりが出てしまうのでしょうか?

この項目ではダメージヘアがうねる原因と効果的な改善策をお伝えします。

ヘアカラーやパーマのダメージが原因のうねり

髪のダメージが進行することで、ほとんどまっすぐだった髪の毛に、いきなりうねりが出現してしまうことがあります。

これは、薬剤の影響でキューティクルがダメージを受け、髪の内部に隠れていたうねりが露わになってしまうからです。

傷んだ髪のケアを今よりも徹底することで、パサパサして見える髪のうねりを改善できます。

ダメージが特に酷い髪の毛は、湿気の影響でさらにうねりやすい

ブリーチや市販ヘアカラーを頻繁に繰り返した髪は、濡らすとフニャフニャでなかなか乾かない髪になります。

ところが乾かし方の中途半端な髪の毛は、一番うねりが出やすい状態です。

髪のダメージが進む⇒うねりが出やすい髪⇒乾きにくい⇒ますますうねる…という悪循環に陥ってしまいます。

エイジング×ダメージで増えていくうねり髪

若いころに直毛のサラサラヘアだった人でも、30代後半になるとチリチリしたうねりが出てきます。

年齢を重ねることでキューティクルの厚みが減り、髪の断面がいびつな形に変化するからです。

加齢で増えるうねり髪は、頭皮ケア習慣を取り入れることが改善のファーストステップにつながります。

生活習慣の乱れは、髪のうねりを本当に悪化させる?5つの改善点

ホルモンバランスが乱れてしまうような生活は、髪の悩み全般にデメリットが多いです。

シンプルに、健康な生活習慣がダメージの少ない健康な髪を育みます。

ダメージが原因で起こる髪のうねり予防には、5つの改善ポイントを取り入れてみてください。

ヘアカラーやパーマの周期を、適切に改善する

一気に髪を傷めてしまう原因になりうるのが、過剰なヘアカラーやパーマです。

適切な頻度で行えば、ヘアカラーやパーマを続けていても、髪のうねりを悪化させません。

セルフカラーを習慣的に行う人は、どうしてもダメージのコントロールが難しくなります。

髪のダメージが気になる方は、なるべく信頼できる美容師に染めてもらいましょう。

食事制限をするダイエットは、ほどほどに

摂取する栄養の制限⇒末端器官(髪・爪・肌)への栄養が不足⇒生えてくる髪が弱ってうねりが悪化、という悪循環に陥ります。

特にたんぱく質不足は髪の不調に直結するので、ダイエット中こそバランスの良い食事を心がけましょう。

血流を良くする、頭皮マッサージを習慣化する

髪は毛細血管からの栄養だけで作られますので、頭皮の血行を良くする習慣は髪の健康に恩恵が大きいです。

過度の頭皮マッサージは余計な刺激になってしまうので、1日1回の頭皮マッサージが最良のスパンになります。

髪の扱い方を、日頃から丁寧にする

ロングヘアでも健康な髪の毛をキープしている人の共通点は、髪の扱い方が丁寧なことです。

髪を梳かす・洗う・潤す・乾かす・結ぶといった一連の動作一つひとつを、乱雑に行わないよう心がけましょう。

加齢で増えてしまううねりには、効果的なトリートメントを選んで使う

白髪染めの繰り返しによるダメージと、加齢の影響で増えていくうねりは、お互いに悪影響を及ぼすもの。

髪のダメージと加齢、どちらが原因のうねりなのか、美容師であっても見極めが難しくなります。

この問題を解消するには、「白髪染めのダメージ」と「加齢によるうねり」両方をケアできるトリートメントが必要です。

まとめ

もともとくせ毛の人の方が、ダメージのうねりも起こしやすいです。

日ごろから丁寧なヘアケアをするように心がけましょう。

それにダメージが進行してしまった髪の毛は、髪内部の水分バランスを崩しやすいです。

  1. 乾かし方で髪のうねりを出にくくする方法と
  2. ヘアオイルの力でうねりを封じ込めるヘアケア方法

どちらもぜひ一度試してみてください。

髪のダメージが原因で悪化してしまったうねりは、補修効果があるトリートメントを使うことで、根本改善へと向かいます。

手触りだけが良くなるコンディショナーではなく、ダメージによる髪の空洞化を改善できるトリートメントがおすすめです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
株)美テラシー代表取締役の角谷滉一と申します。都内で一人美容室「Re+」を10年経営している39歳の現役美容師です。趣味は「旅行」だと言いたいところですが、サロンワークとブログ執筆に労力を捧げ、自由時間や優雅さとは無縁の毎日を送ってます…。甘いものが大好きで、太りやすいです。 保有資格:管理美容師、色彩検定2級、健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)。
詳しいプロフィールはこちら
カテゴリー一覧から記事を探す










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2020 All Rights Reserved.