ミソフォニアの最新情報を今だけ無料配信中!

ミソフォニアでも、幸せをあきらめない。

2021年より、美テラシーは「ミソフォニア専門情報サイト」に生まれ変わりました。 くわしくはトップページをご覧ください。

 

 

2021年より、美テラシーは「ミソフォニア専門情報サイト」に生まれ変わりました。 くわしくはトップページをご覧ください。

縮毛矯正を自分でかけました。成功するセルフストレートパーマのやり方・コツ・注意点をご紹介。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表 ミソフォニア専門家。 6歳の時にミソフォニアを発症した、ミソフォニア歴34年の当事者です。 2021年からは、美容情報サイトから刷新して、ミソフォニア問題の認知を広げ、ミソフォニアの苦悩を解消するための情報発信を行っています。
詳しいプロフィールはこちら

縮毛矯正は美容院で行うと時間もかかりますし、ケアをしっかり行う美容院の縮毛矯正は高額です。

できれば自分でセルフストレートをかけたい…と思う方もいることでしょう。

今回、久しぶりにセルフ縮毛矯正(髪全部)をしたので、やり方をシェアしようと思います。

市販のセルフストレート剤をおすすめするサイトもありますが、ほぼ失敗しますので私は絶対におすすめしません。

今回の内容は安全性が高い方法なので、よりニーズに沿った内容だとは思いますが、セルフ縮毛矯正は自己責任で行ってください。

セルフストレートとは?

美容院で使うストレートパーマ剤や、市販のストレートパーマ剤を使って自分でかけるストレートパーマのことを意味します。

一般的には、アイロンを使うストレートパーマが「縮毛矯正」の呼称です。

アイロンを使わず、ストレートパーマ剤の作用だけで伸びるくせ毛のタイプも存在します。

「パーマ落とし」と呼ばれる方法も、基本的に「アイロンを使わないストレートパーマ」と同じです。

縮毛矯正は、実際自分でできる?

できるかできないかという話でしたら、私と同じやり方をすれば、成功するセルフ縮毛矯正は可能です。

今回の方法では、うねりが強い髪質の人は完全にクセを伸ばせないかもしれません。

切れ毛や毛先チリチリの大失敗を起こしにくい方法なので、安全性重視のセルフストレートだとご理解ください。

自分で縮毛矯正(セルフトレーとパーマ)をやるときのコツ

自分で縮毛矯正をするときのやり方は、以下の通りです。

  1. 髪に負担の少ないストレートパーマ剤を準備する
  2. シャンプーして、髪の汚れを落とす
  3. クセを伸ばしたい場所へ、クリーム状のストレートパーマ剤を付ける(根元は1㎝以上空ける)
  4. 20分以上の放置時間を置く
  5. 指で毛束をつまんで滑らせ、癖のうねりが出なければお湯で5分間すすぐ
  6. ドライヤーで完全に乾かす
  7. ストレートアイロン(温度設定:160度~180度)を通す
  8. 2剤を付けて、指定された放置時間を置く
  9. よくすすいで、乾かして終了

①で私が今回使用したストレートパーマ剤は、こちらのパーマ液です。

これとこちらの「パイモア グラッツ c-0クリーム」を、1:10の割合で混ぜ合わせて使用します。

(r33エッセンスが、オナラのように臭いです)

本来、③の放置時間は、「髪の傷み具合」と「クセの強さ」で適切な時間が変わります。

今回使用した薬剤は作用が穏やかなので、パーマ液が効きやすい私の髪で、30分間置いて大丈夫でした。

だたし、ひどく傷んだ髪の人は、時間を置きすぎると髪が切れてしまうので、セルフ縮毛矯正そのものを控えるべきです。

ストレートアイロンを通し終わった髪に、こちらの2剤を付けて10分置くことで、ストレートの形状が固定されます。

セルフストレートパーマで、アイロンはどうやって当てれば良い?

普段、くせ毛をアイロンで伸ばしている人は、同じことを細かくやっていく感じです。

どの場所も2秒を目安にアイロンを滑らせて当てていきます。

アイロンでギュッとプレスすると、板のようなピンピンストレートになってしまうので、基本的にアイロンのプレス行為は不要です。

傷んでいる毛先は、4~5センチの毛束で分厚く取り、まとめて160度のアイロンを滑らせます。

(髪のダメージがあまりにひどい場合は、危険なのでストレートパーマをかけてはいけません)

前髪をセルフストレートする場合の注意点

アイロンで髪を引っ張ってしまうと、毛先が外を向いて「いかにもストパーかけました」という仕上がりになるので、熱を通すだけの意識で行います。

なるべく弧を描くようにストレートアイロンを通すのが、自然なストレートに仕上げるコツです。

特に、繰り返しでセルフストレートを行う場合は、根元のアイロンを160度~180度、毛先は100度前後までアイロンの温度を下げてください。

これを行わないと、前髪の毛先がチリチリになってしまう危険度が上がるからです。

市販のセルフストレートパーマ剤を、使って良い人とダメな人

髪への作用が強すぎるので、基本的に市販のストレートパーマ剤そのものをおすすめしません。

ヘアカラーを1度でもやった履歴がある髪の人は、失敗すると毛先がチリチリになってしまうので、市販のセルフストレート剤を使わない方が良いです。

できれば、私が使ったのと同じ主成分(=スピエラ)のストレートパーマ剤をおすすめします。

高校生の時に、自分で縮毛矯正をかけて大失敗した話

私は高校生のころ、ドラッグストアで市販されているセルフストレートを使って、大失敗しました。

髪が濡れている時は頭全体がペタンコで、乾かすと全部の毛先がチリチリに…。

素人考えで、「放置時間を長く置いた方がクセをしっかり伸ばせそう」と思い、30分も放置時間を置いてしまったのが失敗の原因でした。

髪が弱い人・傷んでいる人は放置時間5分で十分な場合もあるので、市販のストレートパーマ剤は使わない方が無難です。

まとめ

「自分で縮毛矯正をかけたい」というニーズも多いと思うので、私のセルフストレート法をご紹介しました。

私が使ったパーマ液だからすべての髪質に使って安全、というわけではありません

今回使ったストパー剤は、くせを伸ばす力が控えめな代わりに、適用できる髪質が広い成分(ブチロラクトンチオール)が使われています。

オマケにすごく臭いパーマ液でもあるので、セルフストレートをどうしてもやりたい方は、自己責任の上で行ってくださいね。

そしてブリーチした履歴のある髪は、髪のダメージがシビアなので使用厳禁です。

私と同じぐらいの髪の長さまでの人が、比較的安全に運用できるかと思います。

※今回お伝えしたノウハウは、ストレートパーマ剤の販売メーカーが推奨している方法ではありません。

(一般の方の購入・使用ともに規制はありませんが、プロフェッショナル向けに販売されているストレートパーマ剤です)

法律上の問題はありませんが、万一髪にトラブルが発生しても、販売メーカーに責任は問えませんので、あくまで自己責任のうえ行ってください。

 

ミソフォニア専用・LINEアカウントのご案内

あなたのミソフォニアに関するお悩み・困っていることについて、個別で無料アドバイスを実施しております。

結構ガチで、じっくりお答えしていますので、ご返信に少々お時間をいただくことがあるのでご承知おきください。

クラウドファンディングの最新情報や、ミソフォニアに役立つ情報もこちらのLINEアカウントで配信していきます。

今のところ、ご登録いただくのは女性(10代)の方が割合的に最も多いです。

もちろん男性やミソフォニアの家族がいる方のご登録も大歓迎なので、ご相談があれば遠慮なくどうぞ(^^)

 

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
株)美テラシー代表 ミソフォニア専門家。 6歳の時にミソフォニアを発症した、ミソフォニア歴34年の当事者です。 2021年からは、美容情報サイトから刷新して、ミソフォニア問題の認知を広げ、ミソフォニアの苦悩を解消するための情報発信を行っています。
詳しいプロフィールはこちら
検索カテゴリー一覧から記事を探す










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2020 All Rights Reserved.