リテラシーは、求める『美』を手にする力

「あなた専用シャンプー」が今だけ56%OFF

40代の女性に必要な3つの頭皮ケアとは?髪と頭皮に起こる5つの変化と具体的な対策を徹底解説!

角谷 滉一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
株)美テラシー代表取締役の角谷滉一と申します。都内で一人美容室「Re+」を10年経営している39歳の現役美容師です。趣味は「旅行」だと言いたいところですが、サロンワークとブログ執筆に労力を捧げ、自由時間や優雅さとは無縁の毎日を送ってます…。甘いものが大好きで、太りやすいです。 保有資格:管理美容師、色彩検定2級、健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)。
詳しいプロフィールはこちら

30代後半を過ぎた女性は、それまでには見られなかった髪のうねりやアホ毛に悩まされます。急に髪のボリュームがなくなってきて、薄毛を心配する女性も少なくありません。

とはいえ、40代の女性がやるべき頭皮ケアとは、具体的にどんなことでしょうか?地肌にはお顔のスキンケアと同じような意識でのケア、髪には髪のエイジング専用ケアが必要です。

今回は40代以上の女性で起こる頭皮と髪5つの変化と、40代女性がやるべき頭皮ケアについて解説します。

40代以上の女性に起こる、5つの頭皮の変化

女性ホルモンによって守られるため、女性の頭皮のエイジングが進行するのは男性に比べて緩やかです。しかし年齢を重ねるとともに、以下に挙げた5つの変化が起こります。

  1. 頭皮の保水力が低下
  2. デリケートな頭皮になる
  3. 頭皮のハリ&弾力が低下
  4. 頭皮のニオイが出やすくなる
  5. 頭皮の血流&リンパの流れが悪くなる

①頭皮の保水力が低下

もともと頭皮にある天然保湿因子(NMF)が減少し、健康な頭皮を維持するために必要な保水力が低下します。それにより、フケやかゆみといった頭皮トラブルが起こりやすくなるのです。

②デリケートな頭皮になる

保水機能の低下した頭皮は、バリア機能が落ちてしまいます。ヘアカラーが頭皮にしみやすくなったり、今まで使っていたシャンプーが合わなくなる人も多いです。

③頭皮のハリ&弾力が低下

顔と同じように、頭皮のコラーゲンやエラスチンも減少し、シワっぽい頭皮になります。頭皮のたるみは顔のたるみに直結するので、効果的なケアが必要です。

④頭皮のニオイが出やすくなる

ニオイの原因になるのは、女性ホルモンの働きが衰えて皮脂臭が強まることと、頭皮環境が悪化しやすくなることです。

年々ヘアケアは面倒に感じやすくなるものですが、お手入れが不適切だと頭皮のニオイが出やすくなってしまいます。

⑤頭皮の血流&リンパの流れが悪くなる

ケア不足で硬くなった頭皮は、毛細血管を圧迫して頭皮の血流を妨げます。そして老廃物を流してくれるリンパ管は加齢で減少し、老廃物が流れにくくなるのです。

リンパ液は血液と違って、心臓のようなポンプがありません。自力で流れてくれないので、マッサージによるリンパ流しが必要になります。

40代女性の髪で実感する、5つの変化

頭皮がエイジングの影響を受けることで、地肌から生える髪にも悪い影響が及びます。髪で感じる変化は、以下に挙げた5つです。

  1. 分け目&つむじ割れが目立ちやすくなる
  2. 髪が長く伸ばしにくくなる
  3. 絡みやすい髪になる
  4. ヘアカラー剤やパーマ液のダメージを受けやすい
  5. 細くてチリつきのあるアホ毛が増える

①分け目&つむじ割れが目立ちやすくなる

これらの変化は、髪が強い毛流れに逆らえなくなった証拠です。以前よりも髪のスタイリングがやりにくく感じます。

②髪を長く伸ばしにくくなる

ヘアサイクルは通常2~6年で、この周期で髪が抜けて・伸びてを繰り返しています。20~30代の時よりもヘアサイクルが短くなると、髪を伸ばしても毛先の厚みが出しにくくなってしまうのです。

③絡みやすい髪になる

通常髪のキューティクルは7枚あると言われています。年を重ねるとキューティクルの厚みが減少し、くし通りが悪く感じやすいです。

そして薄いキューティクルは脆いため、剥がれ落ちやすくなります。キューティクルの減った髪は更に絡みやすくなるという悪循環です。

④ヘアカラー剤やパーマ液のダメージを受けやすい

20代の女性は、多少無茶なヘアカラーやパーマを繰り返しても髪が元気です。40代以上になった女性の髪は、繰り返しの白髪染めでゴワゴワ感やパサパサを感じやすくなります。

⑤細くてチリチリした「アホ毛」が増える

髪をキレイに見えなくする、憎き表面のアホ毛。髪型に不必要な広がりを出すデメリットも併せ持ちます。

これは生えてくる髪の質そのものが変わった結果の産物です。

40代女性の頭皮ケアでやるべき3つのこと

頭皮ケアを怠ると、髪のトラブルも一緒に増えてしまいます。具体的に今までのケアと何を変えれば良いのか、40代の女性がやるべき3つの頭皮ケアをお伝えします。

  1. 頭皮を「洗うだけ」から「洗う+補給」へ
  2. 白髪染めの後は、念入りな保湿ケアを
  3. 頭皮美容液の習慣を取り入れる

①頭皮を「洗うだけ」から「洗う+補給」へ

どんなに潤った洗い上がりになる洗顔料を使っても、顔を洗いっぱなしにする女性はほぼいないと思います。ところが頭皮は?となると、「洗ってそのまま」という女性が非常に多いです。

お顔のスキンケアと同様に、シャンプーをした後は頭皮にケア成分の補給をするのが望ましいです。

②白髪染めの後は、念入りな保湿ケアを

白髪染め(ヘアカラー)は髪を傷ませるだけでなく、頭皮からもうるおいを一気に奪います。特に根本をしっかり染めたい白髪染めは、頭皮に負担がかかりやすいです。

そのため白髪染めを行った後は、普段よりも頭皮の保湿ケアを念入りに行いましょう。

③頭皮美容液の習慣を取り入れる

年齢に負けない美髪を育てていくためには、頭皮美容液を使う習慣が不可欠です。頭皮に何かを付けるケアは少し手間を感じやすいですが、同時に頭皮マッサージの効果が得られるメリットも併せ持ちます。

まとめ

今までに頭皮ケアの習慣がなかった女性にとっては、変えていくことがとても多く感じるかもしれません。

  1. 白髪染め後の集中的な保湿ケア
  2. 頭皮美容液を使った、スカルプマッサージの習慣

この2つを取り入れるだけでも、頭皮の状態はかなり改善します。頭皮美容液の使い方には多少の慣れが必要なので、まずはシャンプーから変えてみるのがおすすめです。

※期間限定キャンペーンのお知らせ※

自分専用のオーダーメイドシャンプーを作れる「MEDULLA(メデュラ)」が

なんと6,800+TAX⇒2,980+TAX約56%OFFになる、

特別キャンペーンが実施されています。

しかも定期縛りなし・Web解約OK・14日間の返金保証付きです

この機会に一度「自分専用シャンプー」の真価を試してみませんか?

約56%OFFクーポンコードをコピー

まずは1分で終わる「MEDULLA(メデュラ)」の無料Web診断を受けてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
株)美テラシー代表取締役の角谷滉一と申します。都内で一人美容室「Re+」を10年経営している39歳の現役美容師です。趣味は「旅行」だと言いたいところですが、サロンワークとブログ執筆に労力を捧げ、自由時間や優雅さとは無縁の毎日を送ってます…。甘いものが大好きで、太りやすいです。 保有資格:管理美容師、色彩検定2級、健康管理士一般指導員(健康管理能力検定1級)。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2020 All Rights Reserved.