リテラシーは、求める『美』を手にする力!

ご来訪ありがとうございます。おかげさまで月間PV50,000⇑です!『美テラシー式辛口商品レビュー』実施中!

【絶対失敗しないパーマ】4つの髪質の違いによってパーマのかかりと持ちは全然変わる!

角谷 滉一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら

ネットを調べても、パーマについての正確な情報はなかなか出てきません。一体髪のどんな違いがパーマのかかりと持ちに影響するのでしょうか?

せっかくパーマをかけるのであれば、その前にあなたの髪質とパーマの相性をよく理解して、パーマの失敗を未然に防ぎたいですよね。

でも実は、パーマのかかりが良い髪=パーマの持ちも良い髪ではありません。

  • くせ毛か、直毛か
  • 髪が硬いか、柔らかいか
  • 髪が太いか、細いか
  • 水を弾く髪か、水を吸う髪か

この4つの条件によって変化します。

ヘアケアマイスターの資格を保有している現役18年のオーナー美容師が、正確な知識で解説していきます。

髪質によるパーマのかかりやすさの違い

髪質によって、パーマのかかりやすさには以下の4つの法則があります。

  • くせ毛の方が、直毛よりかかりやすい
  • 柔らかい髪の方が、硬い上髪よりかかりやすい
  • 細い髪の方が、太い髪よりかかりやすい
  • 水を吸う髪の方が、水を弾く髪よりかかりやすい

くせ毛の方が、直毛よりかかりやすい

くせ毛はその構造上、キューティクル間に隙間ができやすいため、パーマの薬剤が浸透しやすくなります。

そのため、くせ毛はパーマがかかりやすくなります。いっぽう直毛は、キューティクルの間にあまり隙間がないため、パーマの薬剤が浸透しにくく、パーマがかかりにくくなります。

柔らかい髪の方が、硬い髪よりかかりやすい

硬い髪はキューティクルの枚数が多くてパーマの薬剤が浸透しにくいため、パーマがかかりにくくなります。

軟らかい髪はキューティクルが少なくパーマの薬剤が浸透しやすいため、パーマがかかりやすくなります。

細い髪の方が、太い髪よりかかりやすい

太い髪の毛はキューティクルの枚数やマトリックス(髪内部の物質)の量が多く、パーマの薬剤が浸透しにくいため、パーマがかかりにくくなります。

細い髪は、キューティクルの枚数やマトリックスの量が少なく、パーマの薬剤が浸透しやすいため、パーマがかかりやすくなります。

水を吸う髪の方が、水を弾く髪よりかかりやすい

水を弾く髪の毛はダメージが少なく、マトリックスの量も多くてパーマの薬剤が反応しにくいため、パーマがかかりにくくなります。

それに加え、水をはじく髪はキューティクルの枚数も多いうえにキューティクルの表面の撥水性が強くてパーマの薬剤が浸透しにくいため、パーマがかかりにくいです。

水を吸う髪の毛はダメージが大きく、マトリックスの量も少なくてパーマの薬剤が反応しやすいため、パーマがかかりやすくなります。

また、キューティクルの枚数が少なくいうえにキューティクルの表面も水を弾かず、パーマの薬剤が浸透しやすいためパーマがかかりやすくなります。

髪質の違いによるパーマの持ち具合の違い

髪質によるパーマの持ち具合には以下の4つの法則がありますが、パーマのかかりやすさとはまた違った結果になります。

  • 直毛<くせ毛
  • 硬い髪=柔らかい髪
  • 太い髪=細い髪
  • 水を弾く髪>水を吸う髪

直毛<くせ毛

パーマの持ち具合は、パーマをかけた際に起こるキューティクルのズレと、毛髪内部のマトリックスの移動の仕方によって決まります。

直毛は、キューティクルが元のまっすぐな状態に戻ろうとする反発力が強いため、パーマが持ちにくい傾向にあります。

くせ毛の場合は、キューティクルが元の状態に戻そうとする反発力があまりないため、パーマが長持ちしやすくなります。

硬い髪=柔らかい髪

硬い髪はキューティクルの枚数が多く、髪が元の形に戻ろうとする反発力が強いのですが、マトリックスの量が多いためにパーマの薬剤が大きく反応しやすいため、マトリックスの固定力が強くなります。

柔らかい髪はキューティクルの枚数が少なく、髪が元の形状に戻ろうとする反発力は弱いのですが、マトリックスの量が少なくてパーマの薬剤が反応しにくいため、マトリックスの固定力が弱くなります。

そのため、総合すると硬い髪と柔らかい髪のパーマの持ち具合は変わらないという結果になります。

太い髪=細い髪

太い髪はキューティクルの枚数が多く、髪が元の形に戻ろうとする反発力が強いのですが、マトリックスの量も多くて、パーマの薬剤が大きく反応するため、マトリックスの固定力は強くなります。

細い髪はキューティクルの枚数が少なく、元の髪の状態に戻ろうとする反発力は弱いのですが、マトリックスの量が少なくて、パーマの薬剤の反応が小さいため、マトリックスの固定力は弱くなります。

そのため総合すると、太い髪と細い髪のパーマの持ち具合は変わらないという結果になります。

水を弾く髪>水を吸う髪

水を弾く髪はダメージが少なく、マトリックスの量も多いためパーマがかかりにくいのですが、一度かかってしまえばキューティクルとマトリックスの固定力は強いため、パーマが長持ちしやすくなります。

反対に水を吸う髪はダメージが大きく、マトリックスの量も少ないためパーマがかかりやすいのですが、キューティクルとマトリックスの固定力は弱いため、パーマは長持ちしにくくなります。

まとめ

いかがだったでしょうか。髪の太さ・硬さがパーマの持ちに関係ないというのは、少し興味深い結果だったのではないでしょうか?

この内容を参考にあなたの髪質を見極めて、パーマをかけた場合の傾向を把握しておくと役立つと思います。

  • 直毛とくせ毛では、くせ毛の方がパーマがかかりやすく、パーマの持ち具合も良い
  • 硬い髪と柔らかい髪では、柔らかい髪の方がパーマがかかりやすいが、パーマの持ち具合はどちらも変わらない
  • 太い髪と細い髪では、細い髪の方がパーマがかかりやすいが、パーマの持ち具合はどちらも変わらない。
  • 水を弾く髪と水を吸う髪では、水を吸う髪の方がパーマがかかりやすいが、パーマの持ち具合では水を弾く髪の方がパーマが長持ちする

 

ブログランキング参戦中!目指せ一位!現在は何位でしょうか?
↓↓↓↓

にほんブログ村 美容ブログ ヘアケアへ
にほんブログ村

 

LINEでは「美容のお悩み相談」を承っていますので、ご質問・ご相談はお気軽にどうぞ。LINE読者限定の「厳選お得情報」もこっそり配信しています。
ご登録は今すぐこちらから
↓↓↓↓
”LINEで友達になる"

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら
インスタグラム、毎日更新中!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2019 All Rights Reserved.