リテラシーは、求める『美』を手にする力!

ご来訪ありがとうございます。おかげさまで月間PV50,000⇑です!大人気の女性用育毛剤を徹底解剖した記事が話題沸騰中!

泡カラーが失敗する5つの原因とうまく染まる1つの条件!メリットデメリットも徹底解説!

角谷 滉一
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら
「泡カラー」で失敗したお悩み相談
私は普段から市販のヘアカラーでセルフカラーをしています。

「簡単にきれいにムラなく染まる」って宣伝してたので、パッケージが好みの色だった泡カラーをドラッグストアで購入して使ってみました。

でもCMで宣伝してるみたいに全然泡立たなくて、染めている最中にカラーが顔に垂れてきてしまいました…。

染めている最中も頭皮がしみて痛かったし、仕上がりもうまく染まりませんでした。

根元と毛先で色が違ってムラになってしまいましたし、色味もなんだか濁っていて透明感もなくて、外国人風のカラーに仕上がりませんでした。

髪もいつもよりギシギシするので、もっと髪が傷んだ気がします…。なぜこんな失敗になってしまったのでしょうか?

実のところ泡カラーに限らず、自分で染めてムラなくきれいに染められる人は、今までにカラーをしたことがない人のみ。それもうまく染めるコツを押さえて染めた場合に限定されるものなので、案外条件が厳しいと言えます。

そもそもCMではシャンプーを泡立てて撮影しているので、同じように泡立たなくても無理のないこと。そんな泡カラーを成功させるたった一つのコツは、たっぷりの量で、まだ毛染めをしたことがない人が染めることです。

今回は泡カラーがどうして失敗するのか?その原因と根拠、メリットデメリットを網羅して、カラーを失敗しないためには必須の知識を解説していきます!

泡カラー2つのメリット

最近は大変種類も豊富にそろっている泡カラー。今までの市販カラーになかった2つの利便性がメリットなので、それぞれ見ていきましょう。

①泡なので、髪全体にカラーが塗りやすい!

シャンプーのように泡立てる使い方が特徴的な泡カラー。硬いヘアカラーほど髪全体に塗るのは難しくなりますが、泡カラーは最も簡単に髪全体を染められるヘアカラーです。

②時間差による色ムラが最もできにくい!

ヘアカラーの色ムラを防止するためには、カラー剤を塗るスピードの速さも重要。プロの美容師がカラー剤を塗る練習でも、塗る速さは徹底的にトレーニングされます。

泡カラーはハケやスポイトのような容器で塗らずに手だけで塗ることが出来るため、最も短時間で塗ることができるカラー剤です。最初に塗った場所と最後に塗った場所の、時間差による色ムラを防止することができます。

泡カラー2つのデメリット

泡という形状による塗りやすさの面で恩恵が大きい泡カラー。その泡ならではのデメリットも2つありますので、使用するにあたってしっかりと理解しておきましょう。

①頭皮への刺激が強め!

泡カラーは髪全体に塗りやすい反面、否応なしに頭皮にもカラー剤が付くことに。ですが泡カラーはその特長である泡立ちを実現するため、他の市販カラーよりも界面活性剤が多く配合されています。

界面活性剤は髪へカラー剤が浸透するのを助けたり、皮膚に付いたカラー剤を落としやすくする役割も持ち合わせます。しかし界面活性剤が多いヘアカラーは刺激が強くなってしまうため、頭皮の痛みを感じやすくなってしまうことがあるのです。

②ブリーチ以外の市販カラーで最も髪が傷みやすい!

ヘアカラーを継続しても傷ませないためには、既に染まっている髪と新しく生えてきた髪を塗り分けするのが必須。ですが市販のカラー剤は、もともと塗り分けすることを前提として作っていない製品です。

髪を傷ませないために、本来「塗り分け」は必須条件!

昔からあるクリームタイプの市販カラーは比較的塗り分けがしやすいですが、泡カラーは最も塗り分けしづらいというデメリットが。泡カラーで何度も全体染めを繰り返すと、既に染まっている髪には想像以上の負担がかかります。

市販のヘアカラーで最も髪の傷みが大きいのは、言わずと知れたブリーチ。その他市販カラーの傷み具合は横並びですが、最も塗り分けが難しい泡カラーが、最も髪が傷みやすいと言えます。

泡カラーで起こる5つの失敗、原因と対処法!

この項目では、泡カラーを使うことでよく起こる、代表的な6つの失敗とそれぞれの対処法を説明します。髪の傷みに関係する内容が多くなりますが、明るく染められる泡カラーには必ず髪の傷みが伴うものです。

それを踏まえた上で、あなたはどのように染めるかを判断する必要があるので、一つ一つチェックしていきましょう!

①泡カラーが全然泡立たない!

泡カラーの泡立ちを作っているのは、シャンプーと同じ界面活性剤の力です。髪が汚れた状態ではシャンプーが泡立ちにくくなりますが、泡カラーも同様の理由で泡立ちが悪くなります。

なお、しっかりと泡立てることのできなかった泡カラーは、顔に垂れてきてしまうので要注意。他にも髪の長さに対して泡カラーが少なすぎるのも泡立ちを阻害する原因の一つです。

泡立たない=色ムラの失敗リスクもアップしてしまう!

泡立ちが悪い=泡カラーの総量が足りていないことを意味します。髪の長い人・多い人、上手く泡立てられるか不安な人は、最初から2箱準備しておきましょう。

カラー剤が少なすぎると色ムラの失敗も招くので、2箱準備が安心です。なおCMでは、リテイクで長時間の撮影になっても髪のトラブルが起こらないよう、シャンプーを泡立てて撮影しています。

②泡カラーで毛先が染まらなかった!

これには2つの原因が考えられ、一つ目は泡カラーの量が足りないせいで、毛先に付くカラー剤が少なすぎるため。もう一つは気が付かないうちに髪が傷みすぎていて、染まらない髪になっている可能性があります。

これらを予防するためには、染めるのに十分な量のヘアカラーを事前に準備しておくことと、髪の傷みに十分注意をすることです。

とくに髪質が良くて傷みの目立ちにくい人は、本当の髪の傷みを誤認しやすいもの。しかしヘアカラーが染まらない髪は相当なレベルで傷んでいる証拠なので、美容室で相談したほうが良いでしょう。

③泡カラーで根元が染まらなかった!

おしゃれ染めの泡カラーで根元の染まりが悪い原因は、選んだカラー剤が暗すぎたか、根元に付く泡カラーの量が少なかったかのどちらかです。既に染まっている中間から毛先よりも、根元にしっかりとカラー剤が塗れているか、今一度確認しましょう。

白髪染めの泡カラーで根元が染まらないのは、塗る量の問題の他、既に染まっている髪を繰り返し染めているせいかもしれません。白髪染めはおしゃれ染めに比べて配合されている色素の量が圧倒的に多いため、どうしても毛先が暗くて根元が薄染まりという色ムラの失敗が起こりやすくなります。

泡で使うという製品の特性上、これは回避の難しい問題。泡カラーと白髪染めの相性自体が良くないと言えるでしょう。

④ムラなく染まるはずの泡カラーがムラになった!

泡カラーに限らず、余るぐらい十分な量のヘアカラーを準備するのは色ムラ防止の必須条件。髪の傷みが激しいことも色ムラを引き起こすので、本来2つ以上のカラー剤で塗り分けが必要なものを、1つのカラー剤で済ませることの限界はあると理解しておきましょう!

他にもカラー剤の発色は、気温の影響も受けるという性質があります。寒い場所でヘアカラーをすると暗く染まってしまったり、根元が明るくて毛先が暗い色ムラを引き起こす原因となるので、20度以上の気温が確保できる場所で染めましょう。

⑤縮毛矯正をした髪に泡カラーをしたら、バサバサに傷んだ!

縮毛矯正は、髪の傷みを完全にコントロールしていないと失敗してしまう大変難しい技術。見た目にはきれいなストレートヘアに仕上がっていても、縮毛矯正を繰り返している毛先は大変デリケートです

美容師がヘアカラーをする際も、縮毛矯正をしている髪の時は非常に神経を遣います。一度のセルフカラーでも致命的な髪の傷みに繋がりやすいので、泡カラーと縮毛矯正の組み合わせはかなりの危険が伴う行為です。

泡カラーがうまく染まる髪は限られる!

例えば毎月市販のヘアカラーを繰り返している人が泡カラーを行うと、思い通りの仕上がりにするのは大変難しいでしょう。泡カラーを含め、すべての市販カラーで最も失敗しない髪は、まだ一度も毛染めをしていない髪の人だけというのが事実です。

繰り返しのヘアカラー成功には、塗り分けが必須条件!

市販カラーの宣伝では簡単・きれいにムラなく、場合によっては髪が傷まないと宣伝されているものも見受けられます。実際には脱色作用のあるヘアカラーには必ず髪の傷みが伴いますし、傷まないヘアカラーは髪を明るく染められないヘアカラーです。

宣伝を繰り返し聞いていると、市販カラーの中には髪が傷まなくて、明るくきれいな色に、簡単に染まるカラーがあるんじゃないの?と探す人もいることでしょう。たとえ美容院のヘアカラーでも無計画に繰り返し髪全体を染めていれば、髪をひどく傷めます。つまり求めているようなヘアカラーは売っていないどころか、存在しないということなのです。

カラー剤のスペックの問題<塗り方の問題

逆にどんな種類の市販カラーでも、プロの美容師が新しく生えてきた髪だけを正確に塗り分ければ、繰り返しのヘアカラーでも髪の傷みはさほど問題にならないです。そのぐらい塗り分けの有無と正確さが髪の傷み具合には深く関係しています

まとめ

他のヘアカラーよりも、むしろ泡カラーの方が失敗しやすいのでは?と感じた方もいるのではないでしょうか。

塗り分けが出来ないカラー=傷むカラーというのは、美容師にとっては常識であり、一般の方があまり持っていない認識だからです。お手軽さ、簡単さばかりが強調される市販カラーですが、カラー剤の実態も知っておかないと損をする方もいることでしょう。

自分でできるという簡単さと引き換えに、本当は何を失っているのか?ということを再考していただくきっかけになることができればと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
角谷 滉一
⇑でインスタもやってますので覗いてみてくださいね。 ヘア&頭皮ケアの専門家。都内で独立開業10年の現役美容師◆ヘアケアマイスター、健康管理士1級、色彩検定2級保有。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 美テラシー , 2019 All Rights Reserved.